失われた楽園

失われた楽園

『失われた楽園』は1995年にPC-98用として、
シルキーズから発売されました。

DE・JAのノベルっぽいのを目指したのかな~
とりあえず下着の描き込みだけは秀逸でした。

usinawaretas.jpg

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

93年の『河原崎家の一族』以降のシルキーズは多数の同系統の作品、
即ちマルチストーリー・マルチエンディングADVを発売するのですが、
本作もまたその1本になります。
95年発売分の中では最初の作品になりますかね。

教授の手伝いで南海の孤島に向かった一行の船が嵐で難破、
無人島かもしれない孤島に流れ着いた主人公らは無事生還できるのか、
ってのが大まかなあらすじです。

<感想>


何となく『無人島物語』っぽい雰囲気ではありますが、
その後のストーリーの展開から察するに、おそらくは、
マルチストーリー・マルチエンディングの『DE・JA』みたいなのを
作りたかったんじゃないでしょうか。

その試みは面白いと思います。
分岐しまくる『DE・JA』なんて、想像しただけでも興奮してきます。
加えて、グラフィックが凄く綺麗でしたからね。
プレイ開始時の期待感は、かなり高かったですよ。

ただ、実際にプレイしてみると、正直イマイチでしたね。
ストーリーがグダグダで全然面白くない上に、
キャラも他のシルキーズ作品より弱かったし。
正直、駄作だって言われても文句言えない出来です。

もっとも、完全に駄目かというとそうでもなくて。
流石にシルキーズ作品だけあって、
上記のようにグラフィックがかなり綺麗だったりします。
塗りの出来だけならシルキーズ内でもトップクラスかと。
キャラデザも好みだったので、
CG集と考えればそれなりに元は取れるような気もします。

あとは、ヒロインらが犯られるシーンが好きな人も楽しめるでしょうね。
最近のNTR物と違って寝取られる経過みたいなのはないですが、
設定上一緒にいた女の子らが襲われちゃう展開は結構あります。
なので、CGとして該当シーンがあればOKな人には、
結構楽しめたりもします。

<総合>


ランクでは一応凡作になっています。
ストーリーだけなら駄作クラスですが、CGの美しさで若干UPです。
加えてNTR好きな人ならば、佳作以上もありうるでしょう。
端的に言えば、寝取られCG目当ての人向けの作品でしょうね、これは。

最後に、本作にはEDが14種類あるのですが、
オープニングから既に分岐が始まっています。
意外とそこがネックになる人も多いと思いますので、
プレイの際にはその点に気をつける必要があるかと思います。

ランク:D(凡作)

PC-9801 3.5インチソフト失われた楽園

関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1089-15d68b32
| ホームへ戻る |