新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド

新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド

『新世紀エヴァンゲリオン 鋼鉄のガールフレンド』は、
1997年にWIN用として、ガイナックスから発売されました。

当時エヴァ人気が最高潮にあったことから、
発売前から非常に注目を浴びていた作品でしたね。

evakou01.jpg

<感想>


あの頃はエヴァが好きだったということで、私も期待していました。
キャラ物はハズレが多いことも重々承知していましたが、
ガイナックスはプリメとかでPCゲームの実績も十分でしたので、
不安よりも期待が上回っていたのです。

それで肝心の中身ですが、
ジャンルは一応コマンド選択式のADVになります。
一応って言うのは、プレイヤーがすることはほとんどないからです。
新作OVAをPC上で見ているような、そんな作品でした。

かといってフルアニメとかそういうわけでもないので、
新作OVAと言うよりフルボイスの紙芝居って感じでしたね。

しかし、たったそれだけなのに要求スペックが非常に高かったです。
当時のPCの最新鋭機のスペックを要求されていたので、
とにかく重くて仕方なかったです。
ゲームの内容よりも、この点の方が今でも印象深く残っていますね。

因みに、本作はその後PSやSSにも移植されています。
PC版では4枚組だったのに対し、こちらは2枚組です。
HDDにインストールできない分増えるのなら理解できますが、
何故に減るよ?って不思議に思ったものですが、
そちらもプログラムに難があったのか、
私の購入したPS版はプレイしていて非常に重かったです。

こういうゲームはテンポの良さも大事になると思いますが、
重くてテンポも何もあったものじゃないわけでして。
一体何を考えて作ったものやら…と、不思議に思ったものです。

evakou02.jpg

内容も、新キャラの霧島マナちゃんは可愛かったのですが、
ストーリー自体は平凡すぎて、あまり面白くなかったですね。
期待していただけに、かなり残念な出来でした。

<総合>


中身は平凡、操作性は最悪ということで、
キャラの良さを加味したとしても凡作が精一杯ってとこでしょう。

アニメでも一流ゲームでも一流というのは、
確かに難しいかもしれません。
でも、アメリカではルーカスアーツという成功例もあるわけです。
ガイナックスも和製ルーカスアーツになれる力はあっただけに、
もう少し頑張って欲しかったですね。
出来自体は残念ながらイマイチに終わってしまいましたが、
何よりエヴァということで印象深いゲームではありましたね。

ランク:D(凡作)

鋼鉄のガールフレンド

関連するタグ WIN /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1078-da8adace
| ホームへ戻る |