守り神様

守り神様

『守り神様』は1999年にWIN用として、
アリスソフトから発売されました。

思うのですが、1999年というのは何気にアリスソフトにとって
かなりの大当たり年だったのではないでしょうか。

守り神様

いや、確かにそれまでのアリスの代表作『鬼畜王ランス』や
『闘神都市2』に匹敵する作品はないですよ。
超大物って意味では、それ程でもないのかも。

でも『ママトト』に『DARCROWS』、
『ぷろすちゅーでんとGOOD』にこの『守り神様』と良作揃いでした。
1年を通じてこれだけコンスタントに面白い作品が遊べた年は、
アリスといえども他にはない気がするんですよ。

さて、守り神様はジャンル上はADVになります。
とはいうものの、かなり特殊なんですよね。
舞台となる小野寺家には次々と不幸が襲い掛かります。
プレイヤーは守り神様として、これを回避するわけです。

やることは、前日の夜に守り神様の行動を指示するだけ。
後は日中の小野寺家の人々の行動を見守るのです。

発想は非常に良かったと思いますよ。
ただ、「見守る」という見てるだけの時間が多く、
飽きがきやすいんですよね。

新しいことへの挑戦だっただけに、
アリスにしては珍しくゲームとして煮詰めきれてなかったかなと。
そこら辺が目の肥えたアリスファンにも不満だったのでは。
改良を加えた続編を見たみたいものですけどね~
どうなんだろ?

かように一般的観点からは、実験的作品でしかないわけだけれど。
一部からはいまだに根強い人気があるわけでして。

というのも、人妻の加代子さんが良い味を出しててね。
○○○○を配達の米屋に覗かれ、脅迫され、犯られてしまうのですよ。

このシーンが絶品でして、人妻好きにはたまらない出来でした。
『ママトト』のアーヴィ2本刺しといい、
この年はピンポイントで伝説的な場面が多かったのかな。

というわけで、全体的な完成度はそれ程でもないけれど、
珍しいもの好きと人妻好きには
かなり満足できる出来だったんではないかと思いますね。

因みに、廉価版では近親相姦シーンが削られてたはず。
その手のを望む人は要注意です。

ランク:B(良作)

守り神様

関連するタグ WIN /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1077-dcf7eedc
| ホームへ戻る |