ドラゴンナイト

ドラゴンナイト

『ドラゴンナイト』は1989年にPC-88用として、
エルフから発売されたRPGです。

ドラゴンナイトシリーズの初代であるとともに、
大ヒットしアダルトゲームのRPGの普及に大きな貢献をした作品でしたね。

dragonknight01.png

<概要>


ドラナイシリーズに関しては、おそらく名作である4のイメージが強すぎて、
4しか知らない人も結構いるかと思います。
4はS・RPGでしたが、1~3まではRPGでした。
4はカケルが主人公でしたが、
1~3はヤマトタケルが主人公でカケルの父親になります。
4は単体でも名作であることに間違いはないのですが、
1~3とやってきた人には更に思い入れが深まったのも確かでしょう。

<感想>


さて、本作に関してはとにかく売れたソフトだね~ってのが、
私の率直な感想でしょうか。
確かあの当時のPCの普及率の中、10万本以上売れたんでしたっけか。
単純に売れた本数自体、今の観点からも凄かったと言えるのでしょうが、
PCを持っている人が今と比べ物にならないくらい少ない時代でしたので、
それを加味すると余計にも化け物ソフトだったんだなって思えてきます。

ただ、それだけ売れたのなら中身も化け物だったのかと言うと、
必ずしもそうでもないんですよね。
ストーリーにしてもシステムにしても、
今だったら間違いなく駄目だしされてしまうレベルだし、
当時としても物足りないレベルだったと思います。

ってか、そもそもエルフってADV作りは上手いのですが、
どうもRPG作りはあまり得意でない気がするのです。
98時代は東のエルフに西のアリスって言われましたが、
私のイメージではRPGはアリスに分があって、
SLGとADVはエルフに分があるって感じなんですよね。

かように出来自体はそれ程でもなかったわけですが、
じゃあ何が理由で売れたかと言うと、
やっぱり可愛いキャラとCGの存在があったからなんでしょうね。

アダルトゲームのRPGの名作と言うと、
真っ先に『カオスエンジェルズ』の存在が挙げられます。
これはゲーム性の面では非常に優れた一品でしたが、
可愛いヒロインなんてものはいなかったですからね。

可愛いヒロイン、
しかも個性をもったキャラとしてのヒロインのいるアダルトRPGってのは、
おそらく本作以前にはなく、
それだけに本作は存在自体に非常に価値があったのです。

私が普段使用している4色ボールペンは「ラミー2000」ですが、
文房具マニアの多くが4色ボールペンでは結局これに落ち着いています。
万年筆とかだと個々人の好みで分かれるのですが、
4色ボールペンで高級な物となると、現状ではそれ1択って状況なのです。

同じことが、本作にも当てはまるように思います。
面白いRPGやゲーム性の高いRPGは他にも一杯あるし、
可愛いキャラのいるゲームも他にある。
でも、魅力的なヒロインを擁したアダルトなRPGとなると、
当時はこれ1択だったんですよ。

<総合>


おそらく今やってもまず楽しめないと思うけれども、
ゲームの評価は発売当時の基準ですべきもの。
いろいろ足りない面も多かった作品ですが、
魅力的な内面を有したヒロインのいるアダルトRPGという、
オンリーワンとしての価値ということで、
やっぱり名作だったんだよなって思うのです。

ランク:A-(名作)

PC-9801 3.5インチソフト ドラゴンナイト

関連するタグ PC88 /RPG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1072-b9ddd524
| ホームへ戻る |