DOR

DOR

『DOR』は1992年にPC-98用として、
D.O.(ディーオー)から発売されました。

ジャンルはオムニバス形式のコマンド選択式のADV。
1本のゲーム内に、3本のストーリーが収録してありました。

kanako01.jpg

<概要>


原画のほとんどは広崎さんが手がけているのですが、
ストーリーはいろんなライターが担当していたようです。
シリーズ全体では5作続いていることから、
ディーオーと言えばこのシリーズという人もいるのではないでしょうか。

本作に収録されている作品は以下の通り。
・プラネタリウム
 とあるプラネタリウムに立ち寄った主人公は、1人の女性と知り合います。
 閉ざされた閉鎖空間で2人は危険な一時を過ごすことに…ってお話。

・テレフォンスキャンダル
 主人公は初めてツーショットダイヤルに電話をかけた高校生。
 約束した場所に行ってみると女性は2人いて、
 主人公は付き添いの女性に惹かれていくのだけど…ってお話。

・加奈子さんの憂鬱
 突然主人この家を訪ねてきた美少女。
 「あの、血を吸わせていただけませんか?」と尋ねた彼女は、
 臆病で人見知りな吸血鬼の加奈子さん。
 血を吸わせるかわりに1日こきつかうことにした主人公と加奈子さんのお話。

「加奈子さんの憂鬱」はストーリーも広崎さんが担当していました。
「加奈子さんの憂鬱」は『DORベストセレクション」にも収録されてますし、
後に単体でも発売されています。

<感想>


最近はほとんど見なくなったものの、当時はわりとあったオムニバス形式。
まぁ、今のノベルゲームの共通ルートを削除すれば、
あっというまにオムニバス作品の出来上がりですからね。
見なくなったというより、形を変えただけとも言えるかもしれませんね。

内容的にはディーオーが作るだけあって普通には楽しめたのですが、
それ以上でもそれ以下でもないってところでしょうか。
本来ならあえて取り上げるまでもないのかもしれませんが、
1つ凄く忘れられないことがありまして。

PC-98のゲームに『ONLY YOU』がありますが、
メインヒロインがコナミのと○○モのメインヒロインに似ているとかで、
それで通販専用になったという噂がありました。
その真偽は知らないのですが、似ているというならば、
コナミのそのヒロインこそ、
「加奈子さんの憂鬱」の加奈子さんに似ているだろと思うわけでして。
(まぁ、性格は正反対な感じですけど…)

kanako02.jpg

<総合>


こだわる人ならそこでこだわるのでしょうが、
私は自分好みのキャラが一杯いればそれでも良いじゃんって感じなもので。
つまりは、この手の顔が好きなわけで、本作もそれだけで満足って感じでしたね。
内容的にはキャラに興味がなければ凡作程度の出来なのかもしれませんが、
キャラが凄く好みだったということで、
個人的には佳作としておきたいと思います。

ランク:C-(佳作)

PC-9801 3.5インチソフト DOR

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1992」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1071-e2ed518c
| ホームへ戻る |