バルダーズゲート2

バルダーズゲート2

『バルダーズ・ゲート2 シャドウ オブ アムン 』は、
2001年にWIN用としてSEGAから発売されたRPGです。

前年発売のオリジナル版、
『Baldur's Gate2』の日本語版になります。

バルダーズ・ゲート 2 シャドウ オブ アムン 完全日本語版

国内ではマイナーな気もしますが、
海外のPCゲー市場では最も有名なシリーズの1つ。
それがバルダーズゲートシリーズでしょう。

前作も凄い高評価でしたが、
本作はそれ以上の評価で数々の賞を受賞しました。
おそらく海外でのWIN用のRPGの中では、
最高峰に位置づけられる作品と言えるのではないでしょうか。

前作が評価された点は、高い自由度とゲーム性の高さ、
それに伴うボリュームといったところにあると思います。
特にゲーム性は、戦術性の高さも難易度の面でも、
下手なS・RPGよりもよっぽど高いです。
昔、初めてS・RPGをやったときには、
もうRPGなんてぬるすぎてやってられないよなって思ったものでしたが、
その認識は完全に捨て去らなければならないでしょうね。
RPGにゲーム性や戦術性を求める人ならば、
『バルダーズゲート』をやっていないのは確実に損をしていると思います。

さて、ゲーム内容を具体的に見ますと、システムは基本的に自由度重視で、
いろんなクエストを引き受けて進めていくタイプです。
ただ、今回はストーリーも強められていて、
結構イベントに次ぐイベントって感じでしたけどね。

戦闘はアクションにも近いシステムですが、
細かくポーズをかけることができます。
求められるのは小手先のテクニックよりも、
プレイヤーの高い戦術です。
なので、アクションというよりも、
むしろリアルタイム程度に認識しておいた方が良いでしょう。
アクションはヘタレだけど考えるのは好きという、
私みたいなプレイヤーにはこれは良かったですね。
おかげで何とか守備範囲内としてプレイすることが出来ました。

まぁ、前作はそうした点が高く評価されたわけですが、
その反面ストーリー面は薄めでした。
そこで、そのストーリー面を大幅に強化してきたのが本作なわけです。
唯一の欠点だったストーリー面を大幅に強化してきたんですからね、
これはもう死角なしって感じすらします。
世界中で絶賛されRPG史上でも最高傑作と扱われることが多いのも、
十分に理解できるほどの完成度でありました。

前作に関しては私も傑作だと判断しましたが、
本作も同じ路線を踏襲しているわけで、
欠点らしき欠点はなく減点法で行けば今回も満点に近い作品でしょう。

ただ、私は前作ほど楽しめませんでした。
というのも、まずは基本が前作と似ているので、
新鮮味が無くなったんですよね。

次に、先ほど本作はストーリーが大幅に強化されたと書きました。
凄い自由度を持った前作からストーリーを強化。
こう言えば凄い作品になる気もしますけどね。
実際それで高く評価している人も多いですし。
でもね、『同級生2』でも同じことを書いたのですが、
なまじ強制イベントによる制約が増えたがために、
一番の特徴である自由度が消された感じがしたのです。
大体、ストーリー重視の作品がやりたければ、
国産の演出も派手なRPGをプレイします。
本作はストーリーと自由度の両方を求めて、
それで上手く両立できればよかったのですが、
結局はどっちつかずになった印象が強いのです。

そういうわけで、個人的には前作よりは劣るのかなと。
もっともこの評価は、あくまでも個性を重視する私の基準によるものです。
私はドラクエも3より2を評価する人間ですし。
しかし違う見方をする人も当然いるわけで、RPGの完成度からいけば、
おそらく本作は最高峰の1つなのではないでしょうか。
ドラクエのようにバランスの取れた作品が好みで、
オリジナリティよりもクオリティを求める人ならば、
もしかしたら本作は最高のRPGになりうるかもしれません。
そういう人にはぜひともやってもらいたいし、
ドラクエ3がいまだに最高だと思っているような人にこそ、
こういう作品をやってもらいたい気もしますね。

ランク:B(良作)

バルダーズ・ゲート 2 シャドウ オブ アムン 完全日本語版 バルダーズ・ゲート 2 完全版

関連するタグ 


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

お久しぶりです。
うわおー。私もプレイしましたよー。このゲーム。懲りずに英語版でプレイしたのでストーリー面は苦労しました(苦笑)。
ストーリーは完全に前作の続きでしたので、新鮮さを求める方には向かないのかもしれません。
自由度にしても、ある程度ゲームを進めると、完全にリニアになってしまい、行き来やサブクエストが好きなときにできないという罠がありましたからな。
その代わりストーリーは及びサブクエストの展開が起承転結がついたものとなって完成度の高いものとなっていました。
逆に前作はお使いクエストだらけという欠点があったっけ。
それ以前に雰囲気がダークでシリアスなので、日本人には好き嫌い分かれるかもしれませんが。
まあ、個人的にこのゲームでそれ以上に面白いのがキャラメイクと戦闘だったりしたのですが(苦笑)。
ケンサイでレベル12まで育ててデュアルクラスでシーフに転職。さらにこれでレベルあげて、ハイドインシャドーでバックスタッブやって、敵に150ぐらいダメージを与え、一撃で抹殺していくキャラ作って悦に浸っていたりしたなー(ォィ)。

お久しぶりです。
英語版でプレイしたんですか?
私はRPGの英語版は極力避けちゃう方でして。
ADVと違って戦闘がありますから、意識が分断されちゃってちょっと苦手意識があるんですよね。もっとすんなり楽しめたら楽しみの幅も広がるのでしょうけど、中々上手くいかないものです。
ストーリーやサブクエストの完成度は確かに高くなってますよね。私は尖った方が好みなので初代の方が好きですが、仮にコンシューマーに移植したら、初代よりも万人受けしそうな気がします。
グラフィックではオブリビオンとかに適わないとしても、戦闘やキャラメイク、クエストの面白さといった狭義のゲーム性は今でも最高峰だと思いますので、再販なりなんなりで多くの人にやってもらいたいですよね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/107-544fab1c
| ホームへ戻る |