愛姉妹

愛姉妹

『愛姉妹』は、1994年にPC-98用としてシルキーズから発売されました。
ご存知の人も多いと思いますが、エルフの別ブランドですね。

98時代最高の抜きゲーは何かと問われた場合、
多くの人がこの作品を挙げるのではないでしょうか。

aisimai01.png

<概要>


ゲームジャンルは、
マルチストーリー・マルチエンディングADVになります。
感覚的にはノベルゲームなのですが、詳細は後述します。

また本作は、従来の作品にはなかった、
いわゆる「回想モード」を実装したことにより、
オカズゲーの有用性を飛躍的に高めた作品でもありました。

あらすじ・・・
「私が交通事故を起こしたばっかりに・・・。」
出会いは脅迫の始まりだった。
幸絵の起こした事故をネタに体を要求する丈人。
さらに彼は、幸絵の自身が所属する学校でも有名な美人姉妹、
幸絵の娘の智子、そして留美にも手をかける。
様々に感情が行き交う中で、
自らを欺くかのように、ただ欲望に溺れる丈人。
最後に彼が手にするものは・・・。

<グラフィック>


最近まで、自分が頑なまでにエロゲーという表現を使わなかった理由。
それはエロゲーなんだからエロが無きゃ駄目・・・
みたいなことを言う人がいるからです。
別に18禁の指定がされているだけであって、
18禁足りえる理由はエロ以外にもあるわけですから、
18禁からエロへと直結するわけじゃないのにって思うからです。
(最近は、面倒になったことと、
もはやアダルトゲームでなくて単にエロゲだよねということで、
エロゲという言葉も使うようになりましたが・・・)

とは言うものの、
それは何でもかんでもエロの有無で語られるのが嫌なだけ。
エロが目的のゲームもそれはそれで当然OKであり、何でもプレイします。
っていうか、一時期のようなエロ薄ゲームが氾濫する方が、
本当は異常だと思いますしね。

aisimai02.jpg

ところで、『愛姉妹』は今風に言えば抜きゲー、
当時の表現ならばオカズゲーって呼ばれる作品ですが、
こういうのってキャラデザが大事だと思いません?
これが例えば泣きゲーならば、
仮にキャラデザが変でもシナリオさえしっかりしてあれば、
それで十分だとも思えます。
でも、オカズゲーで可愛くないヒロインって嫌じゃないですか。
可愛くないキャラに脱がれても嬉しくないですしね。

しかしながら、98時代においては、
結構ビミョ~なデザインって多かったです。
そんな中にあっては、『愛姉妹』のキャラの可愛さは別格でした。
そもそも、ゲーム画面がパケ絵に勝っているレアケースでもありますしw
本作は陵辱ゲーでもありますが、陵辱ゲーでこんなに可愛いキャラは、
おそらく初めてだったのではないでしょうか。

そもそも沙織事件の影響もあってか、
90年代前半にはエロの薄いゲームが増えました。
一番影響が出たのは92年になるでしょうか。
PC98のアダルトゲームというと、
私はインモラルさや淫靡さの漂う作品を思い浮かべるのですが、
そうした作品や激しいエロで構成されたゲームが再登場するのは、
大雑把に言えば93年の後半くらいからになります。
また、「オカズウェア」と呼ばれる、
実用性特化のゲームが出だしたのも94年頃からですから、
そういう実用性特化作品の絶対数がまだ少ない時期に本作が出てきたので、
より一層インパクトがあったのです。
だからPC98時代の当時を知る人の多くが、
『愛姉妹』を名作として認知し、ずっと記憶として残っているんですよね。
ここら辺の感覚は、当時を知らないと伝わらないかもだけど・・・
(リメイク版は黒歴史だしねw)

まぁ、歴史的な背景を抜きにしても、単純に可愛かったです。
この作品を知った時には、何が何でも買わねばと思ったものですし、
実際プレイしてもグラフィックの満足度は非常に高かったです。

<ゲームデザイン>


ゲームジャンルはノベル系ADVでも構わないようにも思いますが、
厳密にはコマンド選択式との併用ですね。
汎用コマンドがあるので、むしろ基本的にはコマンド選択式とも言えます。
もっとも、河原崎や野々村のように、
選択肢を選ぶことで数十に物語が枝分かれしていくタイプでもあります。
そうした分岐を楽しむ作品ですので、本作はコマンド選択式でありつつも、
楽しみ方のベクトルとしてはノベルゲーなのでしょう。

本作のような選択肢による多数の分岐という形式は、
この年に飛躍的に増えた形式でもありました。
当時はノベルゲーという言葉が定着していないこともあり、
ノベルゲームという言葉ではなく、
マルチストーリー・マルチエンディングADVと呼ばれていました。
当時のマルチストーリー・マルチエンディングADVの大半は、
今現在だとノベルゲーと呼ばれる作品と同じ構造ですので、
実質的には両者はかなり重なります。

もっとも例外的に、本作のような汎用コマンドを用意しつつも、
分岐が多数というタイプもありましたので、
必ずしもイコールとまでは言い切れません。
したがってマルチストーリー・マルチエンディングADVという言葉は、
それらを全て含む広義の概念として機能していたと言えるのでしょう。

だからもし、古い書籍や記事とかを見て、
そこにマルチストーリー・マルチエンディングADVって言葉があれば、
言い回しこそ今とは異なるものの、
これはノベルゲーなんだなと思ってもらっても、まず大丈夫だと思います。

ところで、物語が分岐していくということで、
一見すると河原崎などと同じタイプに思える本作。
しかし河原崎とかが展開に応じて分岐していくのに対し、
愛姉妹はヒロインの凌辱が目当てとなりますし、
ED時には恋愛感情の芽生えることもあるわけで、
物語が枝分かれして派生していくというよりも、
ヒロインとの関係に物語が収束する作品と言えます。
したがって、EDも河原崎のような自分の選んだ行動の結果というよりも、
ヒロインとのその後みたいな個別EDになっています。
そういうヒロインとの関係性を描くという意味では、
近年のノベルにおける個別EDに近いと言えるのでしょう。
河原崎とかだと今日のノベルゲーと性質的に異なる部分もありますが、
ヒロインに従属したストーリーという今のノベルゲー構造を遡るならば、
意外と本作辺りに行き着くのかもしれませんね。
その点でも、本作には意義があるのでしょう。

またオカズゲーと言うからには、
いつでもすぐに役に立たなければ意味が薄まります。
でも今のゲームと異なり、当時は回想モードってなかったんですよ。
各ユーザーがそれぞれ自分の好きな場面をセーブデータとして残すことで、
対処していましたからね。
ところがこの『愛姉妹』で回想モードが付き、
そういう手間を省いてくれました。
これにより何時でもエロシーンが見られるようになり、
オカズゲーというジャンルの有用性を飛躍的にアップさせたわけで、
本作にはそんな大きな意義もあったのです。

<ストーリー>


ストーリー自体は陵辱ゲーというか、
あらすじはわりとどうでもいい気が・・・
とにかく可愛いキャラを陵辱できる、それだけで満足でしたし。
それに上述のいろんな付加価値がありますからね、
それだけで十分に満足してしまうのです。
とにもかくにもあの可愛いキャラと、業界最高レベルのエルフの塗り。
それが最大のウリでしょうからね。

いや、こう書くとちょっと誤解も与えかねないのかな。
確かにあらすじや基本的な展開は特に変わっていないのです。
弱みを見つけて脅すってだけですから。
ただ、官能小説を書いているプロの作家がテキストを褒めていたわけで、
そういうプロの観点からもシナリオ・テキストは良かったのでしょう。

正直言ってエロテキストの良し悪しに関して、
私はあまり違いを示せません。
あまりこだわりがなかったものですから。
もちろん楽しめたゲームは、
シナリオが良かったと感じたからなのでしょうが、
そのエロ描写が単に自分にあっただけなのか、
それとも客観的にプロが見ても優れたものであるかなのかについては、
それまであまり意識しなかったこともあって自信を持って言えないのです。
でもプロも参考になるとの意見を聞くと、
単に私に合っていたというだけでなく、純粋に優れていたのでしょうね。

<感想、総合>


この作品が出た時期の事情であるとか、
エロに関するシナリオの良し悪しであるとかは、
ゼロ年代頃になって始めたシナリオ重視の人には解らない観点でもあり、
それがリアルタイムでプレイした人との温度差にもつながるのでしょう。
リメイク版が酷いので、それで更に温度差が生まれていましたし。

だから当時を知らないと本当の良さが理解しにくい作品なのですが、
単純に当時最高のオカズゲーとして高い有用性があるだけでなく、
グラフィックやシステム面においても大きな意義を有した作品であり、
抜きゲー史上に燦然と輝く名作と言えるのでしょう。

ランク:A(名作)

PC-9801 3.5インチソフト愛姉妹

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

愛姉妹のテキスト面での良さはズバリ、主人公のバランスです。
鬼畜に偏らず、ヘタレに偏らず。

高校生が、無理に鬼畜ぶろうとして、しかし高校生ゆえに未熟で、
でもヘタレで女性側になめられはせず、且つお人よしでもなく。

エロ漫画や官能小説なんかで、陵辱者が高校生ぐらいの場合、
どう考えてもこの人格は大人の男だろ、というのが非常に多いです。
この「愛姉妹」のOAV版ですらそうです(リメイク版が下敷きに
なってるようなので、そのせいかもしれませんが)。

その点、オリジナルの「愛姉妹」は、高校生陵辱者をきちんと
リアルに描けており、その点では今もって私は、これに匹敵する
作品を知りません。
絵や分岐の構成なども見事ですが、この、主人公の描き方こそが、
愛姉妹の魅力の大きな一点であると思います。

官能小説は語れるほどは読んでいないので思い込みもあるかもしれませんが、
年齢以上に大人びているってのは分るように思います。
逆に今のアダルトゲームですと、必要以上にガキっぽい気がしますし。
どちらも極端になりやすい中で、
『愛姉妹』は匙加減が抜群だったということですかね。

> リメイク版が下敷きになってるようなので
リメイク版は、あの絵に納得がいかず、黒歴史扱いでプレイしていません。
なので詳しくは知らないのですが、グラフィックだけでなく、
テキストの変更もあったということなのでしょうか。
98版のファンは何人も見かける0のに、
WIN版で初めてプレイして褒めている人を見たことがないのですが、
絵以外にも違いがあるのだろうかと疑問には思っていたのですけれど。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1068-ff6d1944
| ホームへ戻る |