ケルナグール

ケルナグール

『ケルナグール』は1989年にファミコン用として、
ナムコから発売されました。

地味な見た目なのだけど、個人的にはかなりはまったゲームでしたね。



久しぶりに画面を見てみて、
あれ?こんなにショボイ画面だったっけかと驚いてみたり。
ショボイというより、地味というのか。

いずれにしろ、知らない人がこのゲーム画面見ても惹かれないわな。
何せこの『ケルナグール』、ナムコから発売されたとはいえ、
1989年の作品ですからね。

とにかく地味っぽいけど、ゲームの出来が悪いかというとそうではなく。
ってか、私はかなりはまりましたよ。
友達にすすめられたんですけどね、一時期毎日のようにやってましたから。

ゲームは「対戦モード」と「クエストモード」からなります。
「対戦モード」は格闘ゲームとして遊べ、
友達なんかと一緒に楽しめます。

一方の「クエストモード」はRPGみたいにマップを移動し、
クエストをこなすことで技を修得して強くなっていくのです。
で、この強くしたキャラを対戦モードでも使えると。

一本で格闘ゲームとしても楽しめ、かつRPGとしても楽しめる。
友達とも楽しめるけど、一人でやっても面白い。
またドラクエのパロディネタが随所にありニヤリとできる。

ね、何となく分かるでしょ。
ズルズルと毎日はまっていく理由が。

名前の安直さと見た目の地味さとは反対に、
非常に良く出来たゲームでした。



関連するタグ 


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1058-4f6c4013
| ホームへ戻る |