サンサーラ・ナーガ

サンサーラ・ナーガ

『サンサーラ・ナーガ』は1990年にファミコン用として、
ビクター音楽産業から発売されました。

監修・脚本が押井守さんに伊藤和典さんで、
音楽に川井憲次さんということで、
今なら考えられないような豪華メンバーだったんですね。

ゲームジャンル:RPG
サンサーラ・ナーガ

まぁ、そういうのにこだわる人は当時から注目していたのかもですが、
当時の私は誰が作ったかとかほとんど意識していなかったわけで、
単純に中身、そしてその中身の珍妙さで、
深く印象に残った作品でありました。

たぶんシステム面での個々の要素は、
どこかしらで見かけることもできるのでしょう。
一応特徴的なことを挙げていきますと、
まずサンサーラ・ナーガの最大の目玉は竜を育てるという、
育成RPGであるということです。
この竜が可愛く、その成長を眺めるのが何より楽しいのです。

またその反対に、主人公はいくら戦闘をしてもレベルが上がりません。
RPGはプレイヤー=主人公で、その主人公を育てるゲームという認識は、
今よりも昔の方がずっと根強くありました。
それだけに、こういう発想はインパクトが大きかったのです。

加えて、モンスターはいきなり強いのが出てきますので、
生き延びるには「逃げる」ことが最重要となります。
RPGは雑魚を屠って、周囲の雑魚に楽勝になったら先に進むという人も、
やっぱり今より昔の方が多かったと思います。
そういう人にはかかるシステムはクソゲーにしか見えなかったでしょうね。

他にも街の人に戦闘を仕掛けることができたり、
自由度もかなりありました。

いろんなシステムが組み合わさることで、
サンサーラ・ナーガはとても自由だったんですね。
他にもマップが広いとか難易度が高いという事情もあり、
いわゆるゲーム機のRPGらしいRPGではなく、
どちらかというとPCのRPGに近かったのでしょう。

今ならこういう路線も高く評価されるのでしょうが、
当時のファミコンのプレイヤーが子供が多かったですからね。
何をしたら良いか分からないってなりやすく、
この手の誘導の少ないゲームは叩かれやすかったように思います。
私も最初に他人から感想を聞いたとき、
クソゲーだからやるなって言われましたから。

でも、結局はRPGに何を求めるかの違いであって、
これはこれでかなり個性的で良かったように思いますね。

それと、最初に個々の要素は他のゲームに既にあったかもと書きましたが、
サンサーラ・ナーガは個々の要素がただあるわけでなく、
独特の世界観で非常に上手く全体が纏まっていました。

世界観は端的に言えばファンタジーなのですが、
この頃のRPGの大半が中世ヨーロッパ風なのに対し、
サンサーラ・ナーガの世界はサンスクリット語で統一され、
仏教やヒンドゥー教に影響を受けた世界観だったわけで、
これはとても新鮮でした。

癖が強いので決して万人向けではないのですが、
良くも悪くも記憶に残りやすいのは間違いないのであり、
ツボにきた人にはとても思い出深い作品となりやすい、
叩く人がいる反面名作と語り継ぐ人も出てきやすい、
そんな作品でしたね。

ランク:B-(良作)

サンサーラ・ナーガ

関連するタグ ファミコン /RPG /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「1990」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1057-2a939647
| ホームへ戻る |