NIKE (ナイキ)

NIKE (ナイキ)

『NIKE』は1991年にPC98用として、
カクテルソフトから発売されました。

90年代前半を代表するシナリオ重視ADVでありつつ、
絵やゲーム性など全ての面で優れた作品でしたね。

nike02.jpg

<概要>


カクテルソフトが91年に発売したストーリー重視のADVであり、
ジャンル的にはコマンド選択式のアレンジ版になります。

ストーリーは宇宙を舞台としているのでSFものでもあるのですが、
レース+サスペンスと捉えた方が分かりやすいでしょう。
詳細は後述しますが、宇宙を舞台にレースを繰り広げつつ、
そこに皇女誘拐事件というサスペンス要素を加えたものでした。

<はじめに>


たまに92年の某ゲームからシナリオ重視になったとか、
96年の某ゲームからシナリオ重視になったとか、
そんな意見を見ることがあります。

じゃあ、それらの作品までにアダルトゲームに名作はなかったのか?
ストーリーの優れた作品はなかったとでも言うのか?
そういうことは、『NIKE(ナイキ)』をプレイしてから言ってみろと。
古くからゲームをやってきた人には、
そう思ってる人も少なからずいるのではないでしょうか。

ストーリー重視のADVとして、
『NIKE』は間違いなく傑作と言えると思います。
しかしながら、どうにもこの時期ってのは穴になっているようでして。
80年代に関しては熱狂的な懐ゲーファンが熱く語ってくれたりして、
私がどうこう言うまでもないじゃんって感じすらします。
PC-88のゲームに関してもそれなりに多いですしね。
なので、アダルトゲーム初期の名作として『カオスエンジェルズ』や
『リップスティックアドベンチャー』の情報を得ることは難しくありません。
だけどPC-98の初期、それこそ『同級生』以前に関しては、
『ランス3』のような続編物に関しては別であるものの、
それ以外に関してはほとんど情報を得ることができません。
まぁ、本作に関してはタイトルがナイキなので、
検索で辿り着くにも苦労しそうだという事情はありますけどね。
そもそもどんなゲームがあるかも分からないのですから、
当然その中で面白いものがあったか否かは更に分かりにくくなるのです。
そのために、どうしても手薄になりがちなんですね。
でもネットで語られていないだけであって優れたゲームはいくつもあり、
本作もまたその中の1本と言えるのでしょう。

<ストーリー>


さて、上述のように『NIKE』の最大の特徴は、
何と言ってもストーリーにあります。

商品紹介によると、以下の様になります。
AD2526、超高速宇宙船の星間レースに挑むパイロット、
「ナイキ」の活躍を描いたスペースロマン。
つまり主人公のナイキは、星間レースに出場するパイロットなのです。
そしてストーリーも、この星間レースを主に進行することになります。

アニメの『サイバーフォーミュラ』であるとか、
個人的にレース物って好きだったんですよね。
なので、こういう手に汗握るレース物ってだけでワクワクしてきます。
『サイバーフォーミュラ』好きなら、
きっとわかってもらえると思うんだけどな~

しかもこのゲームは、単なるレース物でもありません。
ナイキの想い人である「皇女アテナ」が誘拐されていて、
その誘拐事件をレースをしながら極秘裏に解決しなければならないのです。

事件を解決し、アテナと無事再会したナイキを待ち構えていたものは・・・
ラストの予想外の展開は、
驚かされるとともに非常に美しく感じたものですよ。

<キャラ>


またストーリーだけでなく、本作はキャラも良かったですね。
主人公のナイキ、パートナーの美歩鈴(みぽりんと読みます)、
宇宙船に搭載されたコンピューターの「SDC」。
この3者のかけあいが凄く楽しくてね、全く飽きさせませんでした。
まぁ、ナイキにみぽりんってネーミングセンスだけがアレでしたがw

憧れの人(アテナ)と、
身近にいて自分の事を一番分かってくれている人(美歩鈴)、
そのどちらを選ぶかは永遠のテーマとも言えるでしょう。
ドラクエ5のフローラとビアンカみたいにね。
NIKEの場合にも、主人公の想い人は皇女のアテナなのですが、
でも、ずっとゲーム中一緒にいるのは美歩鈴なんですよね。
そして美歩鈴が非常に魅力的であるが故に、
プレイヤーの愛着も美歩鈴に偏っていきます。

でも、このゲームはマルチエンドではありません。
結局ナイキはアテナを選ぶってか、美歩鈴が引いてしまうのですよ。
今だったらマルチエンドで美歩鈴ルートが用意されるのでしょうが、
それがないだけにラストの美歩鈴はちょっと可哀相でしたね。
まぁ、マルチエンドでないからこそ伝わってくる辛さということで、
これも本作における一つの魅力なのでしょう。
だからこそ、プレイヤーはいつまでも美歩鈴を忘れられないわけで。

粗探しのように不満点を挙げるのであればその点になるのと、
あとは終わり方が若干唐突だったのかなと。
もう少し何かフォローして欲しかった気もしますね。
ほぼ全ての項目で褒めてるわりに評価でAAに達しなかったのは、
その部分が大きいからですし。

リメイクしてくんないかな~
あ、でも自分はキャラに文句はないけれど、
今発売したらかなりの確率で叩かれそうですね。
何せ美歩鈴は元海賊の性奴隷だし、アテナとの本番はないし・・・
せちがらい世の中になったものです。

<グラフィック>


グラフィックは、原画はしかとみよさん。
とっても可愛いキャラばっかりでしたね。
それと、『NIKE』はF&C(当時のアイデス)の初の400ライン作品です。
なので、とっても綺麗でした。
(後から発売された『コズミック・サイコ』は200ラインですしね)
サウンドもゲームにマッチしてました。

<ゲームデザイン>


システムは、一応コマンド選択式のADVになります。
一応ってのは、「見る」「聞く」といった汎用コマンドはなく、
状況に応じた選択肢が表示されるからです。

個別ルートがないだけで、感覚的には今のノベルタイプのADVに近いのかな。
未プレイの人には、コマンド選択式とノベルの中間的、
或いは複合的な形態と考えてもらうと良いと思います。

そのコマンドも、回数制限があるので総当りは不可能でした。
またレース物って事もあり、
選んだコマンドによってはゲームオーバーも多いです。
プレイ時のセーブには要注意かも。

コマンド選択式にありがちな何度も繰り返させるという煩わしさが少なく、
基本的にテンポ良くサクサク進みつつも、
ちゃんと考えないとゲームオーバーもありえますし、
コマンド選択に応じた返答も楽しかったですからね。
ゲーム部分は選択式の中でも総じて良く出来ていたかと思います。

<感想・総合>


総じてどの項目でも秀逸な作品でした。
今では手にする機会は少ないでしょうが、
アイデスを代表する作品の一つでもあり、
ぜひともやってもらいたい作品の一本ですね。

ランク:AA-(名作)

PC-9801 5インチソフトナイキ

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1991」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1056-6c926e9b
| ホームへ戻る |