あぶないてんぐ伝説

あぶないてんぐ伝説

『あぶないてんぐ伝説 -よみがえった天狗が夜空を舞う-』は、
1989年にPC-88用としてアリスソフトから発売されました。

アリスソフトの古い作品ということなので、
現在ではフリーで遊ぶことも出来ます。

abunai01.jpg

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

簡単なあらすじとしては、
主人公たちの高校は、3泊4日の修学旅行。
その楽しい修学旅行の最中、
女子生徒が何者かに襲われるという事件が発生します。
被害者の一人は主人公とも仲が良く、
彼女が家に帰される前に残した言葉が、「天狗が・・・」でした。
旅行で見学した大山寺には天狗伝説があるのですが、
何か関係あるのだろうか・・・って感じですね。

<感想>


システムはコマンド選択式のADVですし、
この面に関してはいたって普通な感じの作品です。

ただ、キャラがとにかく可愛かったし、
何よりテンポ良く話が進むので、やっててとにかく楽しかったわけでして。

今ならそんなゲームは幾らでもありますからね。
そういう理由だけではまず名作とは判断しません。
でも、本作の場合は時期が時期ですからね。

確かに88年までにも、名作と呼べるアダルトゲームはありました。
『リップスティックADV』とか『カオスエンジェルズ』とかですね。
でもそれらの作品って、
一般ゲームとしても面白い物にH要素も付加したって感じなんですよね。
可愛い女の子を愛でるというような、
いわゆる今のギャルゲー的作品とは趣が異なるように思われます。
ですので、可愛い女の子が一杯出てきて楽しいって感じの、
典型的な今のギャルゲー風の作品で面白いのって、
まずなかったかと思います。

個人的な印象もありますが、
そういうのって89年頃から出てきた印象が強いんですよね。
本作とか、『晴れのちおおさわぎ』とか・・・
なので、この年になって新しく生まれた新傾向として、
こういうゲームでもとても新鮮に感じられたのでしょう。

加えて、私は小説で言えば「マリみて」みたいなのが好きなんです。
ガチにレズっていうのも嫌いではないけれど、
もっとソフトな百合であるとか、
単純に可愛い女の子たちの掛け合いが楽しめる方が好きなんです。

そういう意味でも、女の子が主人公で周りも女の子だらけな本作は、
設定的にモロにツボにくる作品だったし、
また単純にこの頃ではこの類の作品の存在自体が珍しかったかと思います。

<総合>


89年というのはアリスの看板タイトルである、
ランスシリーズの初代が発売された年でもあります。
ただ、初代ランスはADVな上に、
個人的にはそれ程傑出した出来でもなかったと思うわけでして。
同じアリスの作品であっても、当時の作品としての意義や、
完成度の高さ、単純な面白さなどは、
むしろ本作の方が上だったように思いますね。

ランク:A(名作)

PC-9801 3.5インチソフトあぶない天狗伝説

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1055-3ed0e69f
| ホームへ戻る |