監獄カントリークラブ

監獄カントリークラブ

『監獄カントリークラブ』は1996年にPC-98用として、
ドールハウスから発売されました。

監獄でゴルフという組み合わせが何とも奇抜な気がしますが、
ゴルフをやってポイントを稼ぎ、
10ポイントごとに女の子の衣服を剥ぎ取っていくという、
脱衣ゲームでした。

kangoku02.jpg

<感想>


ゴルフとは言うものの、場所は監獄です。
当然場所は限られていて、具体的には周りを壁に囲まれているのです。

壁に当たって跳ね返るのはありで、
っていうか、それがないと攻略は無理なんですけどね。
ポンポンポンと跳ね返るボールを見ていると、
ゴルフというよりビリヤードです。
ゲーム内でもそういう表現がありますし、
変則的なビリヤードゲームと考えるのが一番正しいかと思います。

余談ですが、跳ね返るボールを見てて、
ふと『究極超人あ~る』に出てくる超人野球を思い出し、
結局全巻読み返したりしたものでしたw
『究極超人あ~る』は最高のギャグ漫画だと思うのですが・・・
最近の人は知っているのかな?
(因みに、ゆうきまさみさんの漫画の中でも一番好きです。
周りはパトレイバーばっかなので、ちょっと寂しいです。)

さて、本作は一見単純そうなゲームですし、
大作を求めると物足りなく思うかもしれません。
しかし、この単純なゲームが意外とやみつきになるものでして、
案外ミニゲームとしては良く出来ていたのではないかと。
最初は簡単な面もあるのですが、
中には凄く難解な面もありましたしね。
普通のゴルフゲームならありえないコースばかりなだけに、
よく設計したものです。

kangoku01.jpg

遊んでいるとエロそっちのけでゲームに没頭してしまうのですが、
忘れてならないのは本作がアダルトゲームということです。
製作がドールハウスということで、
キャラも可愛いし塗りも非常に良かったですね。
さすがドールハウスと言うべきか、
グラフィック面でも満足度は高かったです。

<総合>


一応スポーツゲームですが、反射神経を要するわけではないですし、
むしろパズルゲームに通じる部分が大きいので、
十分私の守備範囲内のゲームでした。
やや境界線上にあるので評価しにくい面もありますが、
単純に楽しめたのは間違いないので、
良作と言って良いと思います。

ミニゲームっぽい作りゆえに名作と言う人はほとんどいないだろうし、
レビューで高得点となりにくいゲームかもしれませんが、
誰がやっても十分に楽しめる、
絶対に損はしないゲームと言えるかもしれませんね。
PCに常駐させておくと、忘れた頃にふとやりたくなるゲームでした。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト 監獄カントリークラブ

関連するタグ PC98 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1048-ac4f525c
| ホームへ戻る |