LIKE

LIKE

『LIKE』は1994年にPC-98用として、
アンジェから発売されました。

『KISS』によってアンジェは要注目のブランドになったわけですが、
加えて今回はキャラデザも凄く好みでしたからね。
そうなると、当然買わざるを得ないってものでしょう。

LIKE02.png

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

コマンドも「みる」「はなす」「いどう」の3種のみ。
いたって単純な構造でしたね。
しかも何度も選択させられる場面もあり、
ストレスを感じる場面もありました。
ここら辺は『KISS』とかよりも退化した感じですね。

あらすじは、アメリカから父親に呼び戻された御曹司の主人公が、
無理やりお嬢様学校に編入させられ、
そこでお嫁さん探しをさせられるというものです。

<感想>


周り中美少女だらけという美味しいシチュエーションなはずなのですが、
手を出した女の子とは結婚しなければならないため、
狙った相手以外の誘いは断らなければなりませんでした。

因みに、ストーリーの途中で女の子に手を出すと、
その時点でその子と結ばれるEDへと直行してしまいます。
(なんでこんな設定にしたものやら…)

こういう作品ですので、ゲーム性は皆無だし、
ストーリーもあってないようなもの。
大して面白いとは言えないでしょうね。

ただ、上でも書いた私が購入した理由にもなるのですが、
キャラが凄くかわいかったです。
もともとアンジェの作品は可愛いキャラが多いゲームがほとんどですが、
その中でもこの作品が個人的にはお気に入りですね。

女の子のタイプも様々で、
ボーイッシュな子から妖艶な美女までいますし、
女子高だけあってレズもありますので、
そっち方面が好きな人にも良かったかと。

LIKE01.png

それと、個人的にポイントが高かったのがEDですね。
本作では、ヒロインの誰かとの個別EDを迎えると、
他のヒロインがその後どうなったかという後日談が流れます。
大抵のゲームでは選ばれなかったヒロインのその後は描かれないので、
それをきちんと扱ったということは単純に凄いと思います。
しかも、その内容がどれもこれも変態方面ばっかで、妙に笑えました。
こういうことをやられちゃうと、
ついつい全パターンを見てみたくなっちゃうんですよね。

もっとも、ここはもしかしたら人によっては地雷になりうるのかも…
ヒロインの選択を迫られるゲームは多数ありますが、
自分が選ばなかった方が変態になるというのは、
慣れてない人にはきついのかもと思わないでもないですが、
私は麻痺しているのでよく分かりません。
まぁ、展開が軽いのでほとんどの人が大丈夫でしょうけど。

<総合>


総じて、内容的には凡作以下の出来なのでしょうが、
グラフィックの出来の良さとEDの構造が気に入ったことから、
世間の酷評のわりには私は楽しめました。
ですので、個人的には佳作と判断しておきます。
たぶん、今回は他の人よりは甘めなんじゃないでしょうか。

私のように絵が良いなと思えた人や、
後日談のようなお遊び要素が好きな人はそれなりに楽しめるでしょうが、
そうでない人はプレイしない方が賢明と言える作品だと思いますね。

ランク:C(佳作)

PC-9801 3.5インチソフト LIKE

関連するタグ PC98 /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1047-dd08a684
| ホームへ戻る |