同心

同心

『同心 ~三姉妹のエチュード~』は、
2000年にWIN用としてCROWDから発売されました。

ザッピング及びマルチフラグシステムの面白さと制作の難しさ。
その可能性と限界を示した作品でした。

dou08.jpg

基本的には選択肢を選んで進めていくノベルタイプのADVになります。
ただ、本作は非常に凝っていました。
三姉妹のそれぞれの視点で物語が進行し、
任意のタイミングで別のキャラに視点を変更させることができます。
また、姉妹のフラグの立て方次第で他の姉妹にも影響を及ぼしました。

そう、つまりはザッピング+マルチフラグなんですね。
この複合型をメインに据えてきたわけです。
似たシステムとしては、『街』が挙げられるでしょう。

もっとも『街』には不満点が幾つもありました。
好きなときにザッピングできず、
逆にある場合にはザッピングを強制させられました。
それに対して本作は、
本当に自分の好きなタイミングでいつでもザッピングできました。

また『街』では、一方でフラグを立てないと、
別のルートでは進行することさえ出来ない場面もありました。
それに対し本作は、
他ルートのフラグを立てなくとも今いるルートだけで、
「完結」することが出来ました。
その上で別ルートのフラグが立ってると、
また違った結末を迎えることができるようにしたのです。

さらにストーリー上の設定で、
三姉妹は同時に「感じてしまう」というのがありまして。
ストーリーを進めていて突然ムラムラ~ってきたら、
ザッピングすると他の姉妹がやってたりするんですね。
原因を辿るという意味で、ストーリーとシステムの関連性もありました。
そういう意味では、マルチサイト色も強かったのかな。

ザッピング+マルチフラグという形式に関しては、
正直『街』ではガッカリ感の方が強かったんですよ。
その点、むしろ本作の方が無理なく自然に出来上がっていた気がします。
単独でも物語は「完結」するけれど、
「干渉」することで違う結末も見ることが出来る。
この形式に対する一筋の光明が見えた瞬間でした。
しかも、マルチサイトっぽい要素もありますからね。
そうなると、ザッピング+マルチフラグ+マルチサイトの合わせ技です。
これは非常にレアなケースと言えるでしょう。

かように、システム面に関してはよく出来ていたと思います。
キャラも可愛かったし。
ってか、そもそもが絵買いですからね。
キャラだけが目当てで買ったら、完全に予想外の発見だったわけで。

じゃあ、そうなると本作は凄い傑作なのでしょうか?
…となると、話はまた別でして。

本作の基本スタイルはノベルタイプなわけです。
そうなると、結局のところストーリーが一番大事なんですよ。
特に2000年は良質のストーリー物が非常に多かった年です。
そうなると当然ハードルも高くなるわけですが、
本作はどうしてもストーリーが弱いと言わざるをえないかなと思うのでして。
決して悪くはないのかもしれないけれど、
周りの名作と比べるとどうしても見劣りしてしまいました。

加えてシステム面の不足部分ですね。
ザッピング+マルチフラグに関しては本作はOKでしょう。
(「+マルチサイト」にはやや不十分でしたが)
でもね、『街』よりずっと自由度が増えたんですよ。
にもかかわらず、チャートも何もないわけでして。
もう、複雑極まりないわけです。
それこそ、80年代のRPGで方眼紙にマップを書いてた時の気分ですよ。
2000年頃なんて、もうヌルゲー万歳1本道ノベル万歳な時代でしょ。
今更こんな複雑なゲームをコンプしようって人、ほとんどいないでしょう。
ましてやストーリー自体に何度も遊べるほどの魅力もないんですから。

結局、時代の流れに合わず一般的には埋もれた感じでした。
私も良作ではあっても名作には至らないなって判断しました。

まぁ、そういわけですからね。
これは名作だからプレイして~とは言いません。
ただザッピング+マルチフラグの融合系の一つの在り方として、
そういうシステム面に興味のある人には、
一見の価値ありというか必須なのかもしれないですね。

ランク:B-(良作)

Win98-XPソフト同心

関連するタグ 


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2000」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1045-a8cfd318
| ホームへ戻る |