REIRA

REIRA

『REIRA』は1994年にPC-98用として、
シルキーズから発売されました。

内容としては近未来を舞台にしたSFモノになります。

reira01.jpg

<概要>


ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

あらすじ・・・
科学の発達により生み出された、女型アンドロイド「スレイブドール」。
彼女達が反乱を起こしたことから、
主人公らはハンターとなって彼女らを倒すことになります。

<感想>


OPから映画的な演出で、す~っとひきこまれていきましたね。
デッサンが微妙なところもなくはないのですが、
細かな部分アニメーションがあったりして、
画面上からも随時楽しませてくれました。

最近のノベルゲームは立ち絵こそ動きが増えてきましたが、
背景は1枚の絵のまんまという作品がまだまだ多いです。
むしろこの時代のゲームの方が凝っている感じで、
少し見習ってもらいたいくらいです。

物語的にはシリアスなSF物なわけで、
そこに優れたグラフィックとサウンドがつきますので、
基本的には良くできた作品だと思います。
だからもし、自分が過去の作品とか何も知らなければ、
本作を名作だって言っていたかもしれません。

ただ、例えば似たような設定のゲームだと、
あの名作『イミテーションは愛せない』があるわけでして。
他にも映画に小説にと、
この当時はわりとこういう設定の近未来物は多かったです。
つまり、プレイするこっちも同じようなのばっか見てきているので、
若干食傷気味なわけです。

シルキーズってのは小粒でもインパクトのある、
個性的なゲームが非常に多かったブランドです。
本作はシステムも普通のコマンド選択式のADVですし、
個性的な「他にはない」って要素が欠落していましたね。
シルキーズは好きなブランドで、
93~94年頃は本家エルフより好きなゲームが多かったです。
でもその最大の理由たる部分が、
この作品では見られなかったのは残念でした。

<総合>


まぁ、個性が薄くても完成度が高ければ話は別です。
今なら萌え系の恋愛ADVに同じことが言えるのですが、
似たようなことをやるのなら、
他を圧倒するクオリティで出して欲しいわけでして。
本作は基本的には高レベルな作品ではあるものの、
かつての名作を超える何かがあるかと聞かれると、
う~んって首を捻ってしまうわけですよ。
後発で年が新しい分画質は向上していますが、それだけですからね。

そういうわけで、普通には楽しい良く出来た作品ではあったのですが、
この年の他のシルキーズ作品(『愛姉妹』とか『野々村』)と比べると、
どうしても印象が薄くなってしまった作品でした。

ランク:C-(佳作)

REIRA

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1040-82a8d5f8
| ホームへ戻る |