Incarnatia (インカーネイティア)

Incarnatia (インカーネイティア)

『Incarnatia (インカーネイティア)』は1998年にWIN用として、
ソニー・ミュージックエンターテインメントから販売されました。

国立新美術館でシュルレアリスム展をやっているのですが、
なかなか行く時間が取れないですね?
でも、せっかくなので、このゲームの紹介を。

インカーネィティア

<感想>


本作が発売されたのは98年で、
オリジナルはもしかしたら97年かもしれないですが、
この当時はインタラクティブムービーとか、
MYST系のADVが一杯発売されていました。
本作もまた、その内の1本になりますね。

この類のADVは如何に独自の世界を構築できるかが肝ですので、
シュルレアリスムとも非常に相性が良いジャンルです。
普通はその世界観を一から作り上げることになるわけですが、
下手に素人があれこれ考えるよりも、
いっそのことシュルレアリスムの大家の世界観の方が良いだろう。
まぁ、そういう考えが出てきても、不思議ではないですよね。
それでシュルレアリスムを代表する画家ということで、
サルバドール・ダリの世界観を表現したのが、
この『インカーネイティア』でした。

incarnatia10.jpg

ダリの絵画の世界観を360度見渡せるCGで再構成。
プレイヤーは、まるでダリの世界にいるかのような気分になれます。
これはもう感覚的な問題ですけどね、
この世界観をグリグリと視点を動かしながら楽しむのは、
中々に素晴らしいものです。
ダリの絵が好きな人は、間違いなく買いでしょう。
本作はそのためにあるようなものですから。

じゃあ、そうでない人はどうなのか?
つまり、一般的な視点でのゲームとしての出来はどうかってことですね。
本作は、実はこの部分が弱かったわけでして。
ゲームとしては良くも悪くも典型的なインタラクティブムービーで、
ミニゲームやパズルは用意されているものの、
ごくごく平凡な作りだったのです。。
ダリの世界観を活かした謎解きでもあれば大絶賛だったのですが、
そういうわけでもなかったですしね。

まぁ、この頃の私は散々MYST系をやりつくしていた頃ですからね。
優れたMYST系と比較したら物足りないねってことなので、
MYST系ADVの減った今なら、
この手のゲームを知らない人はそれなりに楽しめるのではないでしょうか。

<総合>


私の評価としては良作としておきますが、
これは本当に参考程度にしかならないでしょうね。

ダリに全く興味がない人には佳作か或いはそれ以下の評価がされても、
何ら不思議ではないと思います。

逆にダリが大好きでADVが好きな人ならば、
名作に感じる人も出てくるでしょう。

あの世界観にどれくらい思い入れが持てるのか、
全てはそれで決まってくるように思えますね。

ランク:B-(良作)

インカーネィティア

関連するタグ WIN /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/104-922c1abc
| ホームへ戻る |