若妻万華鏡

若妻万華鏡

『若妻万華鏡』は2005年にWIN用として、
イエローピッグから発売されました。

最近はエルフのライターとしても有名な土天冥海さんの、
初期の代表作になります。

DMMアダルト 若妻万華鏡+夫の前で●されて… ダウンロード販売

<概要>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。
内容的には、寝取りもの(NTL)になります。

商品紹介・・・
「私、悪いことをしてないのに・・・」
身に覚えのない万引き、全てはここから始まった。
一人の若妻を徹底的にネチネチと追い詰め、
身も心も寝取りぬく凌○アドベンチャー。
繊細且つ奥深い心理描写と共に、
若妻の卑猥なシチュエーションの数々を心ゆくまで楽しめる。
じっくりと若妻を責め込んでいく醍醐味が感じられる逸品です。

<感想>


私がアダルト部分が目的であるゲームで特に好きな要素は、
背徳感とヒロインの堕ちる過程であり、
これがしっかり描かれている作品は大好きですし、
高評価につながることも多いです。
特に寝取り物(NTL)は他のジャンル以上に、
この要素の出来が大事になってきますので、
NTL作品も大好きだったりします。

これらの点が優れている作品って、
アダルトゲームなんだから幾らでもありそうなものですけどね。
しかし、これがどうしてか中々見つからないのです。
そもそもNTLゲーって実は結構マイナージャンルで、
この分野に関しては、常に飢えているようなものです。

概要から分かるように、本作では若い人妻を寝取っていくことになります。
寝取りものの代表作として『兄嫁』がありますが、
本作はそれに続く久しぶりの掘り出し物でした。

特に寝取る過程であるとか描写が、凄く良かったわけでして。
同じ路線は簡単には名作認定しないのですが、
『兄嫁』よりも文章が格段に上手いんですよね。

まぁ、私には非常に合ったことは確かなのだけど、
文章の良し悪しってのは難しいですからね。
当然人によって合う合わないがありますから、
一概に上手いと言い切れない面があります。

ただ、本作のライターである土天冥海さんは、
一時期はエルフの蛭田さんじゃないかなって疑われていました。
どうやら実際は違ったみたいなのですが、結果はともあれ、
間違えるくらいのレベル及び傾向にはあるわけです。

最近の若い人にはどうか分かりませんが、
98時代のアダルトゲームを好んでいた人で、
蛭田さんの文章が嫌いな人って、ほとんどいないのではないでしょうか。

だとするならば、98時代の経験者の多く(特にエルフファン)は、
おそらく本作のテキストも楽しんで読めると思うのですよ。
私が凄く読みやすく感じたのも、そうした昔のエルフっぽい懐かしさを、
自然に感じていたからかもしれません。

自分に合った文体で、好きなジャンルの作品。
しかもそのジャンルはマイナーで、
ジャンル的に面白いと言えるゲームの本数自体が少ない。
こういう存在って貴重ですよね。
私と似た好みの人、特にNTL好きには、
これは間違いなく買いのゲームと言えるのではないでしょうか。

ところで、アダルトゲーム市場では、
寝取られ物(NTR)の方が普及しているからか、
ときおり本作に対してもNTRとして紹介されています。

しかし、これはNTRではないでしょう。
主人公が他人の妻を寝取る寝取り物(NTL)であって、
これはちゃんと区別するべきでしょうね。
こういうのって属性がないとあまり楽しめないものですし、
そもそもNTRとNTLなんて、方向性が正反対ですから、
興味のない人には同じように見えても、全然別物なのですよ。

ここで何故くどくジャンルにこだわるかと言うと、
それは本作のストーリーが徹底しているからです。
ネタバレになるから細かくは書けませんが、
主人公は「人妻」を「寝取る」ことに「だけ」関心があるのです。
他人の女を奪うのだから最高じゃんって思いがちですが、
本作をやって、そう簡単なことではないと知りました。
この性癖に本当の意味でついていける人って、意外と少ないと思います。
ヒロインを寝取って自分の物にしてハッピーエンド。
アダルトゲームにありがちな、
そんな甘っちょろい終わり方は本作にはありません。
だって自分のものにしてしまったら、それはもう人妻じゃないですもんね。
だからEDは、人によっては後味が悪く感じるでしょう。

私も主人公の性癖には、完全にはついていけない面もありましたが、
作品として主張・美学が徹底しているわけですから、
ここは素直に評価すべきなのでしょう。

そういう作品ですからね、たとえ自分の好みと違っていても、
作品として割り切って判断できる人には良いですが、
それが出来ない人はちょっと要注意かもですね。
単なるヌキゲーのようでいて、これは意外と曲者ですよ。

陵辱系でこだわりを持って書いているライターって、今は本当に少ないです。
なので久しぶりに、もっと作品が見てみたいと思えたライターでした。
(その点、『媚肉の香り』は少しマイルドで物足りなかったかな。
でも癖が強いと万人受けしないから、ここは難しいところですね。)

<総合>


癖の強さから人は選ぶかもしれないけれど、
ストーリー・テキスト面は高く評価できるでしょう。

問題は他のところなんですよね。
ボリュームが少なめで小粒感が漂う上に、
グラフィックも絵柄は好きなんだけど、どこかチープだったり。
そして、それ以上にシステムが駄目だったわけで。
ここら辺が理由で、名作とは思いつつも、
私のランクはA-止まりになっています。

尚、2年後に発売された完全版でシステムの難は解決されましたし、
今発売されているDL版では、アニメーション追加など、
グラフィック関連が強化されています。
不満な点は、DL版ではことごとく改善されているかと思います。
しかも、これまた良作の『夫の前で犯されて』とセットになり、
2本セットでの格安販売ということもありますし、
今からやるならば、断然DL版がオススメと言えるでしょうね。

ランク:A-(名作)

DMMアダルト 若妻万華鏡+夫の前で●されて… ダウンロード販売

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1039-57acc09e
| ホームへ戻る |