規制不可 ~俺は実在しないので、ナニをヤッても許される~

規制不可 ~俺は実在しないので、ナニをヤッても許される~

『規制不可 ~俺は実在しないので、ナニをヤッても許される~』は、
2011年にWIN用として、ALL-TiMEから発売されました。

タイトルがタイトルなので『時間封鎖』の人かと思ったら、
別人だったんですね。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
規制不可

透明人間になって悪戯をするとか、
時間を止めて悪戯しちゃうとか、
昔からそういうシチュエーションのものが好きでした。

誰しも一度は妄想したことがあると思うのだけれど、
アダルト漫画でも中々見かけないジャンルなんですよね。
ましてやそれがゲームとなると、更に限られてきます。

ALL-TiMEはそういう分野も扱っているので注目していたのですが、
今回は主人公が誰からも認識されないという設定で、
透明人間そのものではないものの、
そういう分野の派生版みたいな感じに仕上がっています。

かように、主人公は存在感が薄いを通り越して、
認識されないような状況になっています。
また主人公が触れている間は、触れられている人も認識されません。
この設定を最大限に活かし、
主人公は普段入れないようなところにも進入していきます。
そしてヒロインと接触していても誰にも認識されないことから、
レイプでも何でもありって状態です。

攻略対象は自分の学校の生徒や妹という身近なところのみならず、
囚人や女優や教祖や首相の孫と、非常に幅広いです。
しまいには海外にも進出しますしね。

誰しもが考え付くと言えばそれまでですが、
逆に誰もが期待しそうなシチュエーションが数多く揃っていますので、
うんうん、これだよこれって感じでテンポ良く楽しめました。
こういうシチュエーションが好きでない人は楽しめるか分かりませんが、
好きな人なら相応に満足できるのではないでしょうか。

ただ、今回はブランド作品の未経験者なら問題ないのですが、
このブランドのファンだとちょっと注意が必要なのかなと思うわけでして。
というのも、題材とブランドから、
当初は『時間封鎖』と同じライターかと思っていたんですよね。
時間封鎖のライターは陵辱ものでありつつも、
最後に単なる陵辱ものに終わらないキレを見せてくれました。
今回はライターが異なりますので、
そういうALL-TiME作品特有のキレが感じられなかったわけで、
シチュは確かに好みではあるものの、
出来自体は平凡な作品という印象でした。

好みのものを集めてくれたというだけでも、
個人的には結構満足だったんですけどね。
ただ、決してそれ以上でもないし、
間口を広げた分だけ個々が広く浅くになってしまった面も否めません。
つまり全体的に薄いのですよ。
同じブランドの代表作より物足りないということで、
総合では佳作ってところでしょうか。
題材は面白そうだっただけに、若干勿体無かった作品でしたね。

ランク:C(佳作)

駿河屋
DVDソフト 規制不可

DL版
規制不可 dl

関連するタグ WIN /ノベル系 /ADV /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2011」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1038-03293efb
| ホームへ戻る |