超昂閃忍ハルカ

超昂閃忍ハルカ

『超昂閃忍ハルカ』は2008年にWIN用として、
アリスソフトから発売されました。

『DARCROWS』や『エスカレイヤー』に続く、
アリスの調教ADV路線の作品になりますね。

ゲームジャンル:調教ADV
超昂閃忍ハルカ

まぁ、『DARCROWS』は変身ヒロイン物ではないので、
「変身ヒロインによる」と限定を加えるとDARCROWSは別物に見えるかもですが、
何れにしろエスカレイヤーの後継的作品とは言えるのでしょう。

ゲームにはいろいろ要素があり、
評価の仕方も人それぞれなのでしょう。
仮に多くの要素を並べて、
致命的に弱い部分を減点する減点法によった場合、
本作は非常に高い点数になるのではないでしょうか。

優れたグラフィックにサウンド、
適度なゲーム性に適度なストーリー、
様々な属性に対応し充実したエロシーン。
アダルトゲームの中では珍しいくらい、
全ての項目でそつなく纏まってきています。
この年のエロ重視のゲームでは圧倒的な完成度でしたし、
比較的万人向けとも言えるでしょうね。

そういうわけで、かなり満足もできましたし、
あえて叩くところもないでしょう。
キャラの設定や見た目的にも、
個人的にはエスカレイヤーより好みでしたし、
その点も好印象でした。

ただ、冷静に見ればよく出来ているなとは思うのだけれど、
意外とはまりきれなかったんですよね。
確かにどの要素も水準以上なのだけれど、
これという本作ならではの要素がなかったわけでして。

加えて、続編でなくても広い意味でシリーズ物なために、
若干のマンネリ感も生じてきていますし、
何となく予想の範疇で終わっちゃうんですよね。

そういうわけで、総合では佳作ってところでしょうか。
突き抜けた部分がないために名作には及ばずって感じでしたが、
小難しいこと抜きにすれば、
この年の実用性重視作品の中では筆頭クラスの出来ですからね。
キャラが気に入れば、買って絶対に損しないゲームではあるでしょうね。

ランク:C(佳作)



ダウンロード版
ハルカ

関連するタグ WIN /ADV /調教 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2008」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1037-dded83c3
| ホームへ戻る |