アナザーコード 2つの記憶

アナザーコード 2つの記憶

『アナザーコード 2つの記憶』は2005年にDS用として、
任天堂から発売されました。

ハードの初期というのは、まだゲームの数も少ないですからね。
あまりそのゲームに向いてないだろってのがすぐに分かる場合でも、
購入されるケースが多々あるわけでして。
そして当然の如く不満が出てくるわけです。
そういうのってプレイした人にも不幸だけど、
ゲームにとっても不幸だよなって思ったりします。
本作もまた、そんな作品の1つでした。

ゲームジャンル:P&C式ADV
アナザーコード 2つの記憶

ジャンルはP&C式のADVで、内容的にはミステリー物になります。
ADVは元々ボリュームが少ないのが多いのですが、
本作は特に少ない方に入ります。

なので、ゲームにある程度のボリュームを求める人には、
このゲームは向いていないでしょう。
また、煽り文句からは推理ゲームっぽく感じるのですが、
実際のゲームは特に推理という要素に重点が置かれていません。
この部分に期待して購入しちゃった人もいるでしょうが、「
推理を期待すると物足りなく感じちゃうでしょうね。
この2点+ストーリー自体も特に優れたものではないということが、
不満点の大きなところなのでしょう。

確かにこれらは欠点と言われても仕方ない部分もあるのですが、
本作には長所もあるわけでして。
まず、DSの機能を最大限に活かした謎解きですね。
DSといえばタッチペンですが、
正直なところ私はたかをくくっていたんですね。
タッチペンと言ったって、PCでマウスクリックするのと同じだろって。
でも、DSには他にも機能があるわけで、
それを活かすことでこのハードは何が出来るのかを示したことは、
驚きもありましたし評価されて然るべきだと思います。
特にハード初期はこういう要素って大事ですからね。
このハードを買わなければ味わえない体験ってのは、
高い金で本体を購入したことも納得させられますし、
優越感にもつながりますから。

また、携帯機のグラフィックなどショボイだろって思ってたら、
独特の雰囲気で凄く良いんですよね。
これまたDSの可能性を見せつけられたようで、素直に驚きましたね。

全体としては長所も短所もあるわけですが、
総合的にはそれらを相殺して良作ってところでしょうね。
欠点もある、特にボリュームが少ないことから万人向けとはいきませんが、
DSで何が出来るかを示してくれた点は、
やっぱり評価されるべきなんだと思いますね。

ランク:B-(良作)

アナザーコード 2つの記憶

関連するタグ 携帯機 /ADV /MYST系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1036-9637bd98
| ホームへ戻る |