銀色

銀色

『銀色』は2000年にWIN用として、
ねこねこソフトから発売されました。

映画を意識した演出重視作品の泣きゲーとして話題になった作品でしたね。

Win98-XP DVDソフト 銀色完全版 [再販トールサイズ XP対応版]

<感想>


ジャンルはノベル系のADVで、
内容的には伝奇物にあたります。

基本的には前に確実にどこかで見たことのある、
ありふれた悲劇の集合体。

もっともそれ自体は良しとしましょう。
完全オリジナルだけってのもありえないから。

問題はその寄せ集めた悲劇を繋ぐ「銀色の糸」にあり、
そのオリジナル部分が非常に弱かったんですね。

このオリジナル部分を上手く表現できれば名作だったのだと思いますが、
弱かったが故に単なる寄せ集めにしか感じられなかったと。

しかも最後は結局「TO BE CONTINUED」だし。
これでは何がやりたかったのか伝わりません。

サービス精神旺盛なブランドの心意気自体は応援したいくらいですし、
なまじ演出・サウンドが良かっただけに残念で仕方ない作品でした。

ランク:D(凡作)

Win98-XP DVDソフト 銀色完全版 [再販トールサイズ XP対応版]

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2000」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1031-d0488e55
| ホームへ戻る |