マリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術士~

マリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術士~

『マリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術士~』は1997年にPS用として、
ガストから発売されました。

ゲームジャンル:RPG

マリーのアトリエ ザールブルグの錬金術士

当たり前のことかもしれないけれど、
創作の世界ではプラスとプラスを掛け合わせても、
必ずしもプラスにならないわけでして。
例えば私はRPGが大好きで、同時に恋愛ゲームも大好きだったりします。
じゃあ恋愛RPGになれば最高かというと、必ずしもそうでないわけです。
まだ単一のキャラとの恋愛なら良いのですが、
恋愛SLGのような複数キャラの攻略とRPGのシステムをかみ合わせることが、
非常に難しかったりするのです。
そのことを96年に嫌というほど味わったのですが、
似たような経験を97年にも繰り返してしまったのです。

くどいようですが、私はRPGが好きです。
また『無人島物語』シリーズに見られるような、
アイテムを合成していくSLGも大好きでした。
両方をプレイしているとね、ふと思うのです。
だったらアイテムを合成するのに焦点を当てた、
そんなRPGがあっても面白いんじゃないかって。

同じようなことを考えた人は他にもいたんでしょうね。
97年はそれが重なった年でした。
つまり、97年の3月にPCで『魔法使いになる方法』が発売され、
5月にPSで本作が発売されたのです。
この2本はハードは異なるものの、
共にアイテム作成に焦点を当てたRPGだったのです。

アイテム合成に焦点を当てたゲームは幾つもあるわけで、
そこにRPGの要素を加えた点にどれ程の価値があるかは疑問も残りますが、
独自性という点では『魔法使いになる方法』に軍配が上がるのでしょうね。
そのかわり、完成度という面ではマリーの方に軍配が上がるのでしょう。

ただ、ここが本作のつらいところでしたね。
同形式のゲームは既に発売されており、インパクトはありません。
完成度は魔法使い?よりは上かもしれませんが、
合成部分ではアイテム合成に特化したSLGに劣りますし、
RPG部分では他の優れたRPGに劣ります。
結局、いろいろ足してみたけれど、どれも中途半端だったわけでして。
恋愛RPGにしろ、アイテム合成RPGにしろ、
なまじいろいろ足したがために、
かえって1つ1つが物足りなくなってしまったのです。
96年の経験があっただけに少しは覚悟はしていたのですが、
やっぱりこんなものかって印象が強かったです。

総合的には特に得られたものがなかったので、凡作でしょうか。
もっともPSでは馴染みのない分野だけに、
この手のゲームに本作で初めて触れた人も多かったようです。
私の評価としては厳しくならざるを得ないのですが、
初心者向けの入門用としては適切な1本だったかもしれませんね。

ランク:D(凡作)

アトリエ マリー+エリー ~ザールブルグの錬金術師 1・2~ (オリジナルディオラマフィギュア同梱 限定版)

関連するタグ PS /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/103-ca2da33e
| ホームへ戻る |