ガラスの運命

ガラスの運命

『ガラスの運命 ~ディスティニー~』は1995年にPC-98用として、
FMCから発売されました。

少女漫画風の鬱ゲーという非常に珍しい類の作品であり、
それだけに印象的でした。

grassof02.jpg

<概要>


FMC自体は2作品しか出してないので、
おそらく馴染みが薄いが多いのかもしれませんが、
カクテルソフトやフェアリーテールと同じで、
当時のアイデス(現F&C)のブランドの1つになります。

本作に関しては、過去にリプレイ記事がありますので、
興味のある方は、そちらも読んでみてください。
<リプレイ> ガラスの運命 その1

ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

あらすじとしては、両親とその娘2人という、
いかにも幸せそうな家族が引っ越してくるところから始まります。
しかし、その幸せは長くは続かず、父親の事故死をきっかけに、
主人公の家族に次々不幸が降りかかってきます。

本作は、今風に言うなら鬱ゲーとなるでしょうか。
昼ドラにもありそうな展開でありつつも、
少女漫画をもろに意識したグラフィックと相まって、
独特の雰囲気を有した他にはない作品となっていました。

<グラフィック>


98時代の御三家というとエルフ・アリス・アイデスになるのでしょうが、
大作・傑作となるとエルフ・アリスのゲームが多くなります。
アイデス系は結構小粒なのも多くて、
中々傑作だと言い切るのが難しいのが多いんですよね。

でも、王道路線からわけのわからん変なものまで非常に多彩で、
次に何が飛び出すか分からないと言う点では、
アイデス系の作品は群を抜いていたわけでして。
そういう懐の深さが、とにかく好きだったんですよね。
まぁ、私の基準からは、
レビューとか作品に対する点数のような表の部分には、
なかなか表れにくいところではあるのですけれど。

本作もまた、そんなわけのわからない中の1本です。
まずはグラフィック。
80年代とか、それ以前の少女漫画みたいですね。
独特のサウンドと相まって、
一見して他のアダルトゲームと異なる雰囲気を漂わせています。

grassof03.jpg

私は90年代以降の少女漫画の絵は好きなんですが、
80年代とかそれより前の少女漫画の絵は苦手だったりします。
なのでプレイ当時は、本作のような絵柄も苦手でした。
だけどこのゲームが他のゲームと違うってことは十分にわかるわけで、
むしろ異質すぎるが故に怖いもの見たさで手を出したんですよね。
数は多くないにしても、きっと本作が大好きだって人もいるように思います。
まぁ私個人の好みはともかくとして、
客観的にこういう作品を出したこと自体を評価したい気もします。
BLではない女性向けアダルトゲームと考えれば、
実はかなり先端だったとも考えられますしね。

<ストーリー>


そして、ストーリー。
主人公は女の子(画面のツインテールの娘ですね)で、
姉の後を追って舞台の世界を目指すのですが
(何かここら辺も少女漫画チックですね)、
とにかく不幸だらけなんです。

父は死ぬし、姉(画面の長髪のお姉さま)も事故にあい、
母も自殺を図ったり、お前が悪いのだと主人公を責めたり、
そして結局姉は母と共に最期は自殺を選びますし・・・
何かもう、主人公の周りにひたすら不幸なことばかり起きるんです。

glassod215.jpg

これ、かなり鬱ゲーだと思うんですよね。
私は理不尽でもとにかく不幸にしとけみたいなゲームは好きではないのですが、
鬱ゲーとか流行った時期には、
その手のゲームで評価されているのも結構ありましたし、
そういうのが好きな人もいるのでしょう。
その手の鬱ゲー好きにはいけると思いますし、
設定や展開的に昼ドラとかが好きな人にもいけそうな気がします。

本作もカクテルソフトかフェアリーテールあたりで出していたら、
もっと話題になっていそうなものですけどね。
まぁ、見た目の鬱ではなく精神的な鬱なので、
当時はまだそういうのが好きな人がいなかったんでしょうね。
こういうのがブームになりだすのは2001年頃からだと思うので、
ちょっと時期的に出るのが早かったのかもしれません。
そういう意味では、少し不遇な作品だったのでしょう。

<ゲームデザイン>


ストーリーやグラフィックに関しては個性が際立っていますので、
好き嫌いを除けば十分に名作級の内容だったと思います。

しかし本作は他の部分で、
具体的にはゲームシステムに少し難がありました。
基本はコマンド選択式のADVになるのでしょうが、
右側に表示されたコマンド欄から大まかな行動を選んだ後に、
メッセージ欄から細かい内容を選択します。
この動作が面倒臭い上にすぐにぶつ切れになるものだから、
何度もやらなければならなかったのです。
つまり通常の選択式ADVよりクリック数が大幅に増えるわけで、
これはちょっと何とかしてもらいたかったですね。

<感想・総合>


そういうわけで、いろんな面で本作は人を選ぶ作品であり、
当時もそうですが今であっても、
決してアダルトゲームユーザーの主流にうける作品ではないでしょう。

でも、独特な雰囲気は抜群でしたし、
先ほど書いたように気にいる人はかなり気に入るはず。
というか、当時はあまり楽しめなかったけれど、
時間があればゆっくり遊びなおしてみたいゲームの1つだったりします。
総合では短所も考慮して良作としていますが、
長所だけならば十分に名作級の作品と言えるでしょう。

まぁ評価はともかくとして、こういう変なのがあるから、
アイデスのゲームは好きだったんですよね。
またFMCレーベルの作品はどれも尖っていたので、
もう少し作品を見てみたかったですね。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト ガラスの運命(ディスティニー)


関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

ガラスの運命を一度やったことがありますがこのゲームのエンディングは早希が自殺することしかありませんか。

> ガラスの運命を一度やったことがありますがこのゲームのエンディングは早希が自殺することしかありませんか。

エンディング自体は複数で、マルチエンディングです。
ただ、早希が自殺しないで、家族皆で幸せにというエンディングはなかったですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1025-8d4063ed
| ホームへ戻る |