続・御神楽少女探偵団~完結編~

続・御神楽少女探偵団~完結編~

『続・御神楽少女探偵団~完結編~』は1999年にPS用として、
ヒューマンから発売されました。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV

続・御神楽少女探偵団

まずはじめに、完全に前作の続きからとなりますので、
出来るだけ前作からやって下さい。
如何せん前作はおもいっきり途中で終わってしまいましたので、
熱狂的なファンはいち早い続編の発売を望んだことと思います。

初代発売当時はできるだけ早い続編の発売が望まれたのですが、
その続編は宣伝もろくにされないままにひっそりと発売、
しかも発売された翌月にはヒューマンはゲーム事業から撤退。
その影響からか、ゲームの出回った本数も非常に少なかったですし、
私なんかそもそも発売されたことすら気付きませんでしたよ。

そんなわけでしばらくプレミア化していましたし、
私も入手するのに難儀した記憶があります。
まぁ、今は『新・御神楽少女探偵団』に入っていますので、
入手は簡単になりましたけどね。

さて、このシリーズの最大の特色と言えば、
何と言っても「推理トリガー」システムでしょう。
PCのADVでは似たような発想のゲームはありますし、
私はそれほど斬新とも思ってないのですが、
これが斬新といわれるあたりに、
家庭用ゲーム機の推理ゲームの寒い状況がうかがわれるようです。

まぁ、同じような発想のゲームが先にあったとしても、
完成度が高ければ何ら問題はありません。
どんなジャンルにも完成度を高めた名作ってのはありますしね。
ただ、前作は肝心の推理場面で、
このシステムを活かしてなかったんですよね。
そこが最大の不満でもあり、完成度が低いと感じた理由でもありました。
その点本作では、比較的推理場面でも活用されています。
だったら前作の時点でやれよと思わないでもないですが、
何れにしろ完成度が増したのは間違いないでしょう。

音声の入っている箇所も増えましたし、
総合的に見ても完成度は高まっていると思います。
なので名作だとしても問題はなかったのかもしれませんが、
続き物でインパクトがなくなった分、
評価としてはどうしても伸び悩んじゃいますね。

前作にも無駄な部分は一杯ありました。
本作も非常に面白いストーリーもあれば、
強引でイマイチなのもありました。
分割ではなく初めから一本に纏めて、弱い部分をカットしていれば、
きっと素晴らしい傑作にもなりえたでしょうに。
分割で販売したりストーリーによってむらがあったりするのは、
ゲーム事業を撤退せざるを得ない苦しさがあったからなんでしょうか。
何かいろいろと勿体無いな~って思ったゲームでしたね。

ランク:B(良作)

新・御神楽少女探偵団

関連するタグ PS /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1006-c202d0a8
| ホームへ戻る |