クーロンズゲート

クーロンズゲート

『クーロンズゲート』は1997年にPS用として、
SMEから発売されたADVです。

この作品は独特の世界観で、非常に根強いファンがいますよね。
こういう作品って、家庭用ゲーム機では本当に少ないです。
だからこそ、余計にも熱狂的なファンが生まれやすいのでしょう。

クーロンズ・ゲート

私も家庭用ゲーム機しかやらないのであれば、
おそらく絶賛していたでしょうね。
ただ、この頃ってインタラクティブムービーとか、
MYST系ADVの全盛時代でもありましたからね。
家庭用ゲーム機では少なくても、
PCでは世界観重視のADVが結構多くありました。

確かに、世界観や雰囲気の秀逸さでは、
本作もPCのADVに決して引けを取りません。
ただ、如何せんPSというハードのため処理が重かったです。
中身で決定的な差異がないならば、
快適に遊べたほうが面白く感じられます。
また、ゲーム部分はわりと普通でしたからね。
なので、楽しくはあったけれど、
トータルでは良作止まりかなってのが私の感想であります。

ゲーム自体の印象は普通に楽しかった程度なので、
他のPCのADVをやってると埋没しちゃって、
あまり内容は印象に残っていないんですよね。
しかし、実は本作に対する一番の思い出は、
ゲームの内容とは別の点にあったりするわけでして。

あれは秋葉原に行ったときですね。
確かメッセサンオーだったと思うのですが、
そこで『クーロンズゲート』が売っていたんです。
よくお店で当該商品をお買い上げのお客様には、
もれなく~をプレゼントってのがあります。
それを逆手に取ってたんですよね。
何のことかと言いますと、
「当店でプーアル茶をお買い上げのお客様には、
もれなくクーロンズゲートがついてきます」って張り紙があったんです。
もちろん値段は普通のプーアル茶の値段ではなく、
『クーロンズゲート』の値段なわけです。
だから特別お得ってわけでもなかったのでしょうが、
よく考えたなぁ~って、妙に感心したものです。
もう既に持ってたので買うわけにはいきませんでしたが、
どうせ買うならそういう洒落っ気のある所で買いたいですよね。
通販ではない楽しみでもあり、
そういうのを見ると店頭買いがまた楽しくなってきます。
そういうわけで、『クーロンズゲート』って聞くと、
今でもそのことが真っ先に思い浮かぶんですよね。

ランク:B-(良作)

クーロンズ・ゲート

関連するタグ PS /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1005-60544a92
| ホームへ戻る |