サバッシュ (ZAVAS)

サバッシュ (ZAVAS)

『サバッシュ(ZAVAS)』は1988年にPC-88用として、
ポプコムソフトから発売されたRPGで、
開発はグローディアになります。

ゲームジャンル:RPG

サバッシュ

落語家の三遊亭円丈さんがシナリオを手がけていまして、
その面でも有名な作品でしたね。

さて、本作の特徴としては、大まかに言えば2点ほどあります。
具体的には、1つはAIによる戦闘であり、
もう1つは1万5000画面にも及ぶ広大なフィールドですね。

最初はね、こういうのに対し少し否定的だったのですよ。
最近のやることが増えて複雑化したRPGなら、
自動戦闘もありだなと思えてきますが、
当時は難易度は高くてもやること自体はシンプルですからね。
あまり自動戦闘に意味を見出せなかったのです。

また広大なフィールドも中身が詰まっていたり、
或いは綺麗なCGや3Dで世界をまるごと構築していれば、
とてもありがたいものになります。
でも、決してフィールドの大きさありきではないと思うのですよ。

狙いとした意図なども理解はできるのですが、
この80年代というハードの未成熟な時期においては、
システム的な特徴が成熟しきっていなかったように感じ、
長所とまでは思えなかったんですよね。

そういうわけで最初はそれほど好きでもなかったのですが、
むしろ再評価して上がったって感じですかね。
個人的な好みを除けば新鮮さややり応えは十分でしたから。
後のエメラルドドラゴンやサバッシュ2につながるゲームですし、
方向性的には今のRPGに通じるものがありますしね。
アイデアは良かったけど、少し世に出るのが早すぎた作品、
そして後継作によって実を結んだ作品ってところでしょうか。

ランク:B(良作)

サバッシュ

関連するタグ PC88 /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/1000-6960622c
| ホームへ戻る |