WIN no.3465.3464.3463.3462.3461.3460.3458.3457.3456.3455.3454.3453.3452.3451.3450.3449.3448.3447.3446.3445

アダルトゲーム ベスト10 2005年・2006年 (番外編)




アダルトゲーム ベスト10 2005年・2006年 (番外編)

2005年及び2006年のアダルトゲームについて、
惜しくも圏外となったけれど、知っておいてもらいたい、
特徴のある作品などを挙げておきます。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 2005年・2006年 (番外編)

『未来ラジオと人工鳩』




『未来ラジオと人工鳩』は2018年にWIN用として、
Laplacianから発売されました。

序盤は面白かったし、義妹は可愛かったのですが、
それだけに残念でしたね。


続きを読む⇒『未来ラジオと人工鳩』

アダルトゲーム ベスト10 2005年




アダルトゲーム ベスト10 2005年

アダルトゲームの個人的なベスト10。
今回は2005年になります。
なんとなく、ファンディスクの年って印象でしたね。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 2005年

『少女魔法学リトルウィッチロマネスク』




『少女魔法学リトルウィッチロマネスク』は、
2005年にWIN用として、Littlewitchから発売されました。

それまでのFFDシステムを捨てて、
新たな方向性を目指した作品でした。


続きを読む⇒『少女魔法学リトルウィッチロマネスク』

アダルトゲーム ベスト10 2004年




アダルトゲーム ベスト10 2004年

アダルトゲームの個人的なベスト10。
今回は2004年になります。
ゼロ年代の中では、最も豊作な年でした。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 2004年

『みにくいモジカの子』




『みにくいモジカの子』は、2018年にWIN用として、
NitroPlusから発売されました。

作品作りとしては、今回は成長していましたね。


続きを読む⇒『みにくいモジカの子』

『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』




『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』は、
2018年にWIN用として、Qruppoから発売されました。

予想外に、読ませる作品であり、
また、読んでいて楽しい作品でした。


続きを読む⇒『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』

アダルトゲーム ベスト10 2003年・2004年 (番外編)




アダルトゲーム ベスト10 2003年・2004年 (番外編)

2003年及び2004年のアダルトゲームについて、
惜しくも圏外となったけれど、知っておいてもらいたい、
特徴のある作品などを挙げておきます。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 2003年・2004年 (番外編)

アダルトゲーム ベスト10 2003年




アダルトゲーム ベスト10 2003年

アダルトゲームの個人的なベスト10。
今回は2003年になります。
一本だけ別格な作品のある年でした。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 2003年

『Erewhon』




『Erewhon』は2018年にWIN用として、
CLOCKUPから発売されました。

ジェントル佐々木さんの描く一枚絵が、
魅力的な作品でしたね。


続きを読む⇒『Erewhon』

アダルトゲーム ベスト10 2002年




アダルトゲーム ベスト10 2002年

アダルトゲームの個人的なベスト10。
今回は2002年になります。
個人的には、初めてBLゲーが頂点をとった年でした。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 2002年

アダルトゲーム ベスト10 2001年・2002年 (番外編)




アダルトゲーム ベスト10 2001年・2002年 (番外編)

2001年及び2002年のアダルトゲームについて、
惜しくも圏外となったけれど、知っておいてもらいたい、
特徴のある作品などを挙げておきます。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 2001年・2002年 (番外編)

アダルトゲーム ベスト10 2001年




アダルトゲーム ベスト10 2001年

アダルトゲームの個人的なベスト10。
今回は2001年になります。
エルフ、アリス、FCの御三家に、リーフの新作と、
発売前の話題性という意味では盛り上がった年でしたね。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 2001年

『シャムロックの花言葉』




『シャムロックの花言葉』は2018年にWIN用として、
DOLCEから発売されました。

ブランド前作に続くダーク系の作品であり、
今の男性向けエロゲとしては珍しいタイプの作品でしたね。


続きを読む⇒『シャムロックの花言葉』

アダルトゲーム ベスト10 2000年




アダルトゲーム ベスト10 2000年

アダルトゲームの個人的なベスト10。
今回は2000年になります。
エロゲが今に通じる総ノベルゲー時代に入ったという点で、
エロゲ史的にも分水嶺となった年でした。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 2000年

『Summer Pockets』




『Summer Pockets』は2018年にWIN用として、
Keyから発売されました。

11年ぶりに、Keyらしい作品が帰ってきましたね。


続きを読む⇒『Summer Pockets』

アダルトゲーム ベスト10 2000年 (番外編2)




アダルトゲーム ベスト10 2000年 (番外編2)

2000年のアダルトゲームのベスト10に入る前に、
良質な作品が多かったことから、20位~11位を扱います。
総ノベルゲー化元年のような年なので、
様々なタイプのノベルゲーが登場し、
挙げるべき作品が増えるんですよね。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 2000年 (番外編2)

アダルトゲーム ベスト10 2000年 (番外編)




アダルトゲーム ベスト10 2000年 (番外編)

2000年のアダルトゲームのベスト10に入る前に、
惜しくも圏外となったけれど、知っておいてもらいたい、
特徴のある作品などを挙げておきます。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 2000年 (番外編)

アダルトゲーム ベスト10 1999年




アダルトゲーム ベスト10 1999年

アダルトゲームの個人的なベスト10。
今回は1999年になります。
年間で最も売れたのが、
93年に発売された作品のリメイクという年でもあり、
まだ世代交代にはなっていないのですが、
それでも、リーフ東京開発室やkey(泣きゲー)、
同人ブランドの商業化等、
新勢力の躍進の目立った年でもありました。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 1999年

『催眠学園1年生』




『催眠学園1年生』は2018年にWIN用として、
筆柿そふとから発売されました。

シリーズ3作目の完結編になります。


続きを読む⇒『催眠学園1年生』

捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3