WIN no.3445.3444.3443.3442.3441.3440.3439.3431.3425.3424.3422.3420.3419.3418.3417.3416.3413.3412.3411.3410

『催眠学園1年生』




『催眠学園1年生』は2018年にWIN用として、
筆柿そふとから発売されました。

シリーズ3作目の完結編になります。


続きを読む⇒『催眠学園1年生』

アダルトゲーム ベスト10 1999年 (番外編)




アダルトゲーム ベスト10 1999年 (番外編)

1999年のアダルトゲームのベスト10に入る前に、
惜しくも圏外となったけれど、知っておいてもらいたい、
特徴のある作品などを挙げておきます。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 1999年 (番外編)

『なつこい!』




『なつこい!』は2018年にWIN用として、
WendyBellから発売されました。

雰囲気は良さげな作品でしたね。


続きを読む⇒『なつこい!』

アダルトゲーム ベスト10 1998年




アダルトゲーム ベスト10 1998年

アダルトゲームの個人的なベスト10。
今回は1998年になります。
WINゲーが上位を占めるようになったのはこの年から。
上位クラスは、演出や音声等、飛躍的な進歩を遂げましたね。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 1998年

アダルトゲーム ベスト10 1998年 (番外編1)




アダルトゲーム ベスト10 1998年

1998年のアダルトゲームのベスト10に入る前に、
惜しくも圏外となったけれど、知っておいてもらいたい、
特徴のある作品などを挙げておきます。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 1998年 (番外編1)

『神待ちサナちゃん』




『神待ちサナちゃん』は、2018年にWIN用として、
Frillから発売されました。

エロとキャラ、ストーリー性を両立させつつ、
演出にも優れた作品でしたね。


続きを読む⇒『神待ちサナちゃん』

『ネノトリ』




『ネノトリ』は2016年にWIN用として、
逆流ソフトから発売されました。

影絵アニメーションで話題になった寝取られものの、
第2弾になります。


続きを読む⇒『ネノトリ』

『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』




『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』は、
2018年にWIN用として、
ALICE IN DISSONANCEから発売されました。

これこそが次世代の紙芝居といった感じの、
良質な作品でしたね。


続きを読む⇒『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』

『ランス10』




『ランス10』は2018年にWIN用として、
アリスソフトから発売されました。

1989年(平成元年)に第1作が発売されてから、約30年。
本作はランスシリーズの完結編であり、
その歩みはまさに平成エロゲの歩みでもありました。


続きを読む⇒『ランス10』

『僕に抱かれ喘ぐ妻は、他の男に抱かれた話を紡ぐ』




『僕に抱かれ喘ぐ妻は、他の男に抱かれた話を紡ぐ』は、
2018年にWIN用として、ANIM.teamMMから発売されました。

良質な寝取らせ(NTS)ゲーでしたね。


続きを読む⇒『僕に抱かれ喘ぐ妻は、他の男に抱かれた話を紡ぐ』

『消えた世界と月と少女』




『消えた世界と月と少女』は2018年にWIN用として、
ひよこソフトから発売されました。

エロゲ市場の今後という意味で、
期待した作品ではあったんですけどね・・・


続きを読む⇒『消えた世界と月と少女』

『空と海が、ふれあう彼方』




『空と海が、ふれあう彼方』は、2018年にWIN用として、
PULLTOPから発売されました。

一般向けで出すことに疑問はありつつも、
一枚絵や演出、全体の雰囲気が良い作品でした。


続きを読む⇒『空と海が、ふれあう彼方』

『少女グラフィティ』




『少女グラフィティ』は2018年にWIN用として、
pure moreから発売されました。

今作もまた、CGの質は高かったですね。


続きを読む⇒『少女グラフィティ』

『催眠学園3年生』




『催眠学園3年生』は2017年にWIN用として、
筆柿ソフトから発売されました。

王道ながらにも、年上キャラが良い感じでした。


続きを読む⇒『催眠学園3年生』

『学園催眠隷奴 ~さっきまで、大嫌いだったはずなのに~』




『学園催眠隷奴 ~さっきまで、大嫌いだったはずなのに~』は、
2008年にWIN用として、シルキーズから発売されました。

無難な内容の催眠ものですね。


続きを読む⇒『学園催眠隷奴 ~さっきまで、大嫌いだったはずなのに~』

『雪子の国』




『雪子の国』は2017年にWIN用として、
スタジオ・おま~じゅから発売されました。

雰囲気の良い作品でしたね。


続きを読む⇒『雪子の国』

『フィットしちゃお! ~年上女性と汗だくレッスン初体験~』




『フィットしちゃお!
~年上女性と汗だくレッスン初体験~』は、
2017年にWIN用として、WendyBellから発売されました。

大人の女性は良いものですね。


続きを読む⇒『フィットしちゃお! ~年上女性と汗だくレッスン初体験~』

『どうして、そんなに黒い髪が好きなの?』




『どうして、そんなに黒い髪が好きなの?』は、
2014年にWIN用として、
ファイヤワークスから発売されました。

良い部分はるものの、いろいろもったいない作品でしたね。


続きを読む⇒『どうして、そんなに黒い髪が好きなの?』

『こうかん☆にっき』




『こうかん☆にっき』は2004年にWIN用として、
The Dungeon In Yarnから発売されました。

『trade▼off』を作ったサークルの、
デビュー作品になります。


続きを読む⇒『こうかん☆にっき』

『見上げてごらん、夜空の星を』




『見上げてごらん、夜空の星を』は2015年にWIN用として、
PULLTOPから発売されました。

天文部を題材にした本作も、
演出の良さが際立っていましたね。


続きを読む⇒『見上げてごらん、夜空の星を』

Summer Pockets      まおてん     シャムロックの花言葉