SLG no.3300.3237.1300.3009.2999.2849.2848.1514.1542.1610.2754.2752.2738.2722.2708.2668.2662.2655.2650.2639

『妖縛奇譚』




『妖縛奇譚』は2016年にWIN用として、
サークル 裏ぴろちゃきから発売されました。

広崎悠意氏による調教SLGシリーズになります。


続きを読む⇒『妖縛奇譚』

『聖なるかな -The Spirit of Eternity Sword 2-』




『聖なるかな -The Spirit of Eternity Sword 2-』は、
2007年にWIN用として、XUSEから発売されました。

売上的な観点からは、ブランド代表作となるのでしょうか。


続きを読む⇒『聖なるかな -The Spirit of Eternity Sword 2-』

ドラゴンナイト4




『ドラゴンナイト4』は1994年にPC-98用として、
エルフから発売されました。

初期のエルフの看板シリーズの最終作であり、
同時にシリーズ最高傑作でもありました。


続きを読む⇒ドラゴンナイト4

『ヲーターメイド ~完全版~』




『ヲーターメイド ~完全版~』は、2007年にWIN用として、
不透明Zから発売されました。

アニメのコスプレものが好きな人には良い作品かもしれまんね。


続きを読む⇒『ヲーターメイド ~完全版~』

『天ツ風 ~傀儡陣風帖~』




『天ツ風 ~傀儡陣風帖~』は2008年にWIN用として、
NineTailから発売されました。

演出の優れたSLGでしたね。


続きを読む⇒『天ツ風 ~傀儡陣風帖~』

『Princess Knights』




『Princess Knights』は2002年にWIN用として、
ミンクから発売されました。

ミンクらしい、大作SRPGだったのですが・・・


続きを読む⇒『Princess Knights』

『ズー タイクーン 2』




『ズー タイクーン 2』は2004年にWIN用として、
日本マイクロソフトから発売されました。

動物園経営SLGの、シリーズ第2段になります。


続きを読む⇒『ズー タイクーン 2』

無人島物語




『無人島物語』は1994年にPC-98用として、
KSSから発売されました。

このシリーズは非常に好きでしたね~


続きを読む⇒無人島物語

プリンセスメーカー




『プリンセスメーカー』は1991年にPC98用として、
ガイナックスから発売された育成SLGです。

一般的に育成SLGの元祖として名高い作品ですね。


続きを読む⇒プリンセスメーカー

レッスルエンジェルス2




『レッスルエンジェルス2 トップイベンター』は1992年にPC98用として、
グレイトから発売されました。

シリーズ第2弾で、「むとめ」と「ちだね」が登場した作品でしたね。


続きを読む⇒レッスルエンジェルス2

『俺の下であがけ』




『俺の下であがけ』は2002年にWIN用として、
Alice Blueから発売されました。

姉妹ブランドであるものの、とてもアリスらしい作品であり、
この作品がきっかけでBLゲーを始めた男性も多いのではないでしょうか。


続きを読む⇒『俺の下であがけ』

『官能教習』




『官能教習』は1997年にPC98用として、
TETRATECHから発売されました。

豪華なフィギュア付ゲームとして話題になった、
フィギュアナイズシリーズの第2弾になります。


続きを読む⇒『官能教習』

『隠れ月』




『隠れ月』は2000年にWIN用として、
Alice Blueから発売されました。

全てはここから始まった・・・のかな?


続きを読む⇒『隠れ月』

『Divers』




『Divers』は1994年にPC98用として、
ミンクから発売されました。

良質な育成SLGであり、ある意味94年らしい作品なのでしょう。


続きを読む⇒『Divers』

『突撃! ばっこんストリート』




『突撃! ばっこんストリート』は1993年にPC98用として、
JASTから発売されました。

幼稚園児らしき女の子とのHがあることでも有名な作品でしたね。


続きを読む⇒『突撃! ばっこんストリート』

『リトル・ウィッチ☆パルフェ ~黒猫印の魔法屋さん~』




『リトル・ウィッチ☆パルフェ ~黒猫印の魔法屋さん~』は、
1999年にWIN用として、工画堂スタジオから発売されました。

くろねこさんちーむのデビュー作となった作品ですね。


続きを読む⇒『リトル・ウィッチ☆パルフェ ~黒猫印の魔法屋さん~』

『Pigeon Blood』




『Pigeon Blood』は2002年にWIN用として、
アボガドパワーズから発売されました。

この時期に完全新作の調教SLGがあるってだけでも嬉しかったものです。


続きを読む⇒『Pigeon Blood』

『総務部庶務課』




『総務部庶務課』は1997年にWIN用として、
h.m.pから発売されました。

今でも非常に珍しい、3DのセクハラSLGでした。


続きを読む⇒『総務部庶務課』

『エンジェリック・ヴェール・プログレス ~ウェスペールの迷宮~』




『エンジェリック・ヴェール・プログレス ~ウェスペールの迷宮~』は、
2003年にWIN用として、クロムシックスから発売されました。

国産PCゲーの、そしてSRPGに期待できていたのは、
個人的には本作辺りまでだったように思いますね。


続きを読む⇒『エンジェリック・ヴェール・プログレス ~ウェスペールの迷宮~』

『Trans'2 ~僕とあたしと恋人と~』




『Trans'2 ~僕とあたしと恋人と~』は2005年にWIN用として、
Catearから発売されました。

まさに女装好きのための作品であり、
ここまで本格的なゲームもまず他にないのでしょう。


続きを読む⇒『Trans'2 ~僕とあたしと恋人と~』

Summer Pockets      まおてん     シャムロックの花言葉