PS no.2611.2534.2381.2311.2257.2251.2220.2210.2200.2192.2160.2151.2141.2130.2084.2070.2050.1909.1883.1879

『謎王』




『謎王』は1996年にPS用として、
バンダイビジュアルから発売されました。

クイズ作家の、道蔦岳史氏が監修したクイズゲームでした。


続きを読む⇒『謎王』

『プリズナー・オブ・アイス ~邪神降臨~』




『プリズナー・オブ・アイス ~邪神降臨~』は1997年にPS及びSS用として、
エクシングから発売されました。

オリジナルは1995年にPC用として発売された『Prisoner of Ice』で、
本作はその日本語移植版になります。


続きを読む⇒『プリズナー・オブ・アイス ~邪神降臨~』

『トゥルー・ラブストーリー』




『トゥルー・ラブストーリー』は1996年にPS用として、
アスキーから発売されました。

この作品の成功が、ギャルゲーブームの継続には大きかったのでしょうね。


続きを読む⇒『トゥルー・ラブストーリー』

『グランストリーム伝記』




『グランストリーム伝記』は1997年にPS用として、
SCEから発売されました。

製作はシェードで、シナリオ・音楽等はクインテットが担当しています。


続きを読む⇒『グランストリーム伝記』

『イバラード ラピュタの孵る街』




『イバラード ラピュタの孵る街』は1997年にPS用として、
システムサコムから発売されました。

井上直久氏のイバラードの世界をゲーム化した作品になります。


続きを読む⇒『イバラード ラピュタの孵る街』

『ペルソナ2 罰』




『ペルソナ2 罰』は2000年にPS用として、
アトラスから発売されました。

前年に発売された『ペルソナ2 罪』の続編になります。


続きを読む⇒『ペルソナ2 罰』

『FRONT MISSION3』




『FRONT MISSION3』(フロントミッション サード)は、
1999年にPS用として、スクウェアから発売されました。

シリーズ3作目、外伝も含めると5作目になる作品でした。


続きを読む⇒『FRONT MISSION3』

『ALIVE』




『ALIVE』は1998年にPS用として、
ゼネラルエンタテイメントから発売されました。

同名のADVは他にもありますが、今回はPSの実写ゲーの方です。


続きを読む⇒『ALIVE』

『プラネットライカ』




『プラネットライカ』は1999年にPS用として、
エニックスから発売されました。

開発は『クーロンズゲート』を手がけた是空になります。


続きを読む⇒『プラネットライカ』

『お嬢様特急』




『お嬢様特急』(おじょうさまエクスプレス)は、
1998年にPS及びSS用として、メディアワークスから発売されました。

元は『電撃G'sマガジン』内の読者参加企画であり、
あかほりさとるさんが企画したことでも話題性の高い作品でした。


続きを読む⇒『お嬢様特急』

『Juggernaut 戦慄の扉』




『Juggernaut 戦慄の扉』は1998年にPS用として、
トンキンハウスから発売されました。

おそらく、ゲーム機でMYST系ADVを探している人向けなのかなと。


続きを読む⇒『Juggernaut 戦慄の扉』

『土器王紀』




『土器王紀』は1995年にPS用として、
バンプレストから発売されました。

全てが土器で出来ている、オンリーワンな世界観の作品でした。


続きを読む⇒『土器王紀』

『ユーラシアエクスプレス殺人事件』




『ユーラシアエクスプレス殺人事件』は1999年にPS用として、
エニックスから発売されました。
開発はシステムサコムになります。

とにかく出演者が豪華な作品でしたね。


続きを読む⇒『ユーラシアエクスプレス殺人事件』

『鈴木爆発』




『鈴木爆発』は2000年にPS用として、
エニックスから発売されました。

爆弾解体、それは男のロマン・・・?


続きを読む⇒『鈴木爆発』

『infinity』




『infinity』は2000年にPS用として、
KIDから発売されました。

影崎夕那さんの絵でオリジナルということで期待したのですが、
いろんな意味で話題性だけは高かったのかなと。


続きを読む⇒『infinity』

『Forget me not -パレット-』




『Forget me not -パレット-』は、
2001年にPS用として、エンターブレインから発売されました。

第4回アスキーエンタテインメントソフトウェアコンテスト(Aコン)の、
グランプリ受賞作品をPS用に移植した作品でした。


続きを読む⇒『Forget me not -パレット-』

『いつか、重なりあう未来(あした)へ』




『いつか、重なりあう未来(あした)へ』は1999年にPS用として、
SMEから発売されました。

いろんな意味で、これも衝撃的な作品でしたね。


続きを読む⇒『いつか、重なりあう未来(あした)へ』

『ツインビー対戦ぱずるだま』




『ツインビー対戦ぱずるだま』は1994年にPS用として、
コナミから発売されました。

「ぱずるだま」シリーズの第2弾で、PSでは最初となる作品でした。


続きを読む⇒『ツインビー対戦ぱずるだま』

『アナザーマインド』




『アナザーマインド』は1998年にPS用として、
スクウェアから発売されました。

スクウェアが製作した実写ノベルですね。


続きを読む⇒『アナザーマインド』

『栄冠は君に4』




『栄冠は君に4』は1999年にPS用として、
アートディンクから発売されました。

シリーズ4作目にして、PSでは唯一の作品になります。


続きを読む⇒『栄冠は君に4』

面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻