PC98 no.3205.3204.3192.3187.3184.3172.3157.3131.3128.3127.1598.1025.1402.3106.3103.1616.3092.1300.1443.1566

『VISION2』

『VISION2』は1991年にPC98用として、
M.I.Nから発売されました。

ストーリー重視の三角関係モノであり、
映像の使い方が印象的な作品でしたね。


続きを読む⇒『VISION2』

『VISION』

『VISION』は1991年にPC98用として、
M.I.Nから発売されました。

ソニアのVIPERシリーズなどで有名な会社の、
同人時代の作品になります。


続きを読む⇒『VISION』

『さよならの向こう側』

『さよならの向こう側』は1997年にPC98用として、
フォスターから発売されました。

餅は餅屋に任せておけってことなのかなぁ・・・
でも、これはこれで味わいはあったかな。


続きを読む⇒『さよならの向こう側』

『天使たちの午後 SpecialⅡ』

『天使たちの午後 SpecialⅡ』は、1993年にPC98用として、
ジャストから発売されました。

2ではあるのですが、
実際にはスペシャルと名付けられた最初の作品になります。


続きを読む⇒『天使たちの午後 SpecialⅡ』

『いもうと ~14歳の夏に~』

『いもうと ~14歳の夏に~』は、1995年にPC98用として、
アシカソフトから発売されました。

同人作品のDCSシリーズの第4弾であり、
近親ネタを扱った作品でした。


続きを読む⇒『いもうと ~14歳の夏に~』

『どきどき小学生3』

『どきどき小学生3』は1991年にPC98用として、
非津死会から発売されました。

タイトルからして危なげな同人ゲームになります。


続きを読む⇒『どきどき小学生3』

『や・く・そ・く』

『や・く・そ・く』は1997年にPC98用として、
メイビーソフトから発売されました。

影崎夕那さんの絵が可愛く、
またその見せ方にも特徴のある作品でしたね。


続きを読む⇒『や・く・そ・く』

『リィナ☆クリスタル』

『リィナ☆クリスタル』は1996年にPC98用として、
コロッサスから発売されました。

同ブランドのデビュー作であり、
キャラがユニークで楽しい作品でしたね。


続きを読む⇒『リィナ☆クリスタル』

『バレンタイン・キッス ~バースデイズ2~』

『バレンタイン・キッス ~バースデイズ2~』は、
1996年にPC98用として、シルキーズから発売されました。

非常に珍しい恋愛双六ゲーム、『バースデイズ』の続編になります。


続きを読む⇒『バレンタイン・キッス ~バースデイズ2~』

『ごめんねエンジェル 横浜物語』

『ごめんねエンジェル 横浜物語』は1992年にPC98用として、
ジャストから発売されました。

事実上の『天使たちの午後スペシャル』1作目であり、
シリーズの外伝となる作品でした。


続きを読む⇒『ごめんねエンジェル 横浜物語』

東京トワイライトバスターズ ~禁断の生贄帝都地獄変~

『東京トワイライトバスターズ ~禁断の生贄帝都地獄変~』は、
1995年にPC98用として、日本テレネット(ウルフチーム)から発売されました。

遊べるADVとして、98時代でも屈指の作品でしたね。


続きを読む⇒東京トワイライトバスターズ ~禁断の生贄帝都地獄変~

ガラスの運命

『ガラスの運命 ~ディスティニー~』は1995年にPC-98用として、
FMCから発売されました。

少女漫画風の鬱ゲーという非常に珍しい類の作品であり、
それだけに印象的でした。


続きを読む⇒ガラスの運命

遺作

『遺作』は1995年にPC98用として、
エルフから発売されました。

いまだに根強い人気があるんじゃないかと思われる○作シリーズ。
その第1弾が、この『遺作』でした。


続きを読む⇒遺作

『ライム』

『ライム』は、1989年にPC98用として、
ソフトウェアハウスぱせりから発売されました。

ブランド第2弾となる作品であり、
当時まだ珍しいPC98用の作品でした。


続きを読む⇒『ライム』

『VASTNESS ~空虚の生贄達~』

『VASTNESS(ヴァーストニス) ~空虚の生贄達~』は、
1993年にPC98用としてホーリーウッドから発売されました。

美少女ゲーム誌の「パソコンパラダイス」が製作した、
オムニバス作品でした。


続きを読む⇒『VASTNESS ~空虚の生贄達~』

ようこそシネマハウスへ

『ようこそシネマハウスへ』は1994年にPC98用として、
ハード社から発売されました。

遊べるADVの代表格であり、
ゲーム性に関してはPC98の中でも屈指の傑作でしたね。


続きを読む⇒ようこそシネマハウスへ

『アルテミス』

『ARTEMIS(アルテミス)』は1991年にPC98用として、
バーディーソフトから発売されました。

ヒロインたちの間に挟まれる主人公という構図は、
そういやいつから増えだしたのでしょうね。


続きを読む⇒『アルテミス』

ドラゴンナイト4

『ドラゴンナイト4』は1994年にPC-98用として、
エルフから発売されました。

初期のエルフの看板シリーズの最終作であり、
同時にシリーズ最高傑作でもありました。


続きを読む⇒ドラゴンナイト4

英雄伝説3 もうひとつの英雄たちの物語 ~白き魔女~

『英雄伝説3 もうひとつの英雄たちの物語 ~白き魔女~』は、
1994年にPC98用として日本ファルコムから発売されました。

いわゆるガガーブトリロジーの1作目。
当時最高のRPGとして絶賛されてたのが、『白き魔女』でしたね。


続きを読む⇒英雄伝説3 もうひとつの英雄たちの物語 ~白き魔女~

DESIRE ~背徳の螺旋~

『DESIRE ~背徳の螺旋~』は1994年にPC98用として、
シーズウェアから発売されました。

マルチサイトシステムを導入し、
剣乃ゆきひろ氏の名前を一躍有名にした出世作でしたね。


続きを読む⇒DESIRE ~背徳の螺旋~