MYST系 no.1630.2874.1297.2092.1612.1600.1585.1584.1512.1491.1342.1330.1301.1036.998.604.576.440.242.193

MYST




『MYST』の日本語版が発売されたのは、1994年のこと。
MAC版、WIN版、PS版、SS版・・・と各機種で発売されました。

文字通りMYST系ADVの元祖となる作品ですね。


続きを読む⇒MYST

『Drawn: 呪われた塔と魔法の絵の具』




『Drawn: 呪われた塔と魔法の絵の具』は2009年にWIN用として、
Big Fish Gamesから発売されました。

絵本の世界のような、センスの良いデザインが特徴の作品でした。


続きを読む⇒『Drawn: 呪われた塔と魔法の絵の具』

マンホール




『マンホール』のオリジナルは1988年にMACで発売。
日本語版は1990年にFM-TOWNS用として、サン電子から発売されました。

91年にはPC-E版も発売されています。
もともとのMAC版は白黒だけど、TOWNS版やPC-E版はカラーでした。


続きを読む⇒マンホール

『脱出するのは犯した後で ~閉じ込められた少女とオヤジ~』




『脱出するのは犯した後で ~閉じ込められた少女とオヤジ~』は、
2012年にWIN用の同人ソフトとして、ソクラテスから発売されました。

待っていたのは、こういうゲーム。
こういうゲームがもっと増えて欲しいものです。


続きを読む⇒『脱出するのは犯した後で ~閉じ込められた少女とオヤジ~』

RIVEN the sequel to myst




『RIVEN the sequel to myst』は、
1997年にWIN/MACハイブリッド用でCyan社から発売されました。
日本語版はサンソフト発売です。

MYSTの続編であり、かつ最高傑作でした。


続きを読む⇒RIVEN the sequel to myst

MYST4 REVELATION




『MYST4 REVELATION』は2005年にWIN用として、
ライブドアから発売されたADVです。

日本語版は2005年ですが、オリジナルの英語版は2004年の発売となります。


続きを読む⇒MYST4 REVELATION

Bioscopia




『Bioscopia』は2001年にWIN用として発売されました。

もともとはドイツ語のゲームになるんですかね。
とりあえず2001年にドイツ語版が発売され、
翌2002年に英語版が発売されています。


続きを読む⇒Bioscopia

レガシーオブタイム ~ジャーニーマン プロジェクト3~




『レガシーオブタイム (LEGACY OF TIME)』は、
1998年にWIN用として発売されたMYST系のADVです。

ジャーニーマンプロジェクトシリーズの3作目であり、
最後の作品でもありました。


続きを読む⇒レガシーオブタイム ~ジャーニーマン プロジェクト3~

OBSIDIAN (オブシディアン)




『OBSIDIAN (オブシディアン)』は国内では97年に、
オリジナル版は96年にWIN用のADVとして発売されました。

その圧倒的なまでのCGのクオリティと、
エッシャーを彷彿させる世界観に心を奪われてしまった作品でした。


続きを読む⇒OBSIDIAN (オブシディアン)

Morpheus




『Morpheus』は1998年にWIN用として、
Piranha Interactive Publishingから発売されました。

Morpheus、日本語ではモルペウス。ギリシャ神話に登場する夢の神であり、
「形作るもの」という意味を持つそうです。


続きを読む⇒Morpheus

AMBER 知られざる世界




『AMBER 知られざる世界』は1997年にWIN用として発売されました。

オリジナルは1996年に発売された『AMBER: Journeys Beyond 』で、
本作はそれの日本語版となります。


続きを読む⇒AMBER 知られざる世界

AMERZONE




『AMERZONE』は1999年にWIN用として、
フランスのMicroids社から発売されました。

『SYBERIA』で世界中に名を馳せたMicroids社が、
それ以前に発売したMYST系ADVでした。


続きを読む⇒AMERZONE

ZORK NEMESIS (ゾーク・ネメシス)




『ZORK NEMESIS (ゾーク・ネメシス)』は1996年にWIN用として、
アクティビジョン・ジャパンから発売されました。

オリジナルの『ZORK NEMESIS』も96年なので、
世界レベルでの発売を視野に、すぐに移植された作品と言えるでしょう。


続きを読む⇒ZORK NEMESIS (ゾーク・ネメシス)

アナザーコード 2つの記憶




『アナザーコード 2つの記憶』は2005年にDS用として、
任天堂から発売されました。

ハードの初期というのは、まだゲームの数も少ないですからね。
あまりそのゲームに向いてないだろってのがすぐに分かる場合でも、
購入されるケースが多々あるわけでして。
そして当然の如く不満が出てくるわけです。
そういうのってプレイした人にも不幸だけど、
ゲームにとっても不幸だよなって思ったりします。
本作もまた、そんな作品の1つでした。


続きを読む⇒アナザーコード 2つの記憶

シークレット オブ ザ ルクソール




『シークレット オブ ザ ルクソール』は、
1996年にWIN&MAC用として、インタープログから発売されました。

ゲームジャンル:MYST系ADV


続きを読む⇒シークレット オブ ザ ルクソール

シバース ~呪われた博物館~




『シバース ~呪われた博物館~』は1996年にWIN用として、
シエラ・パイオニアから発売されました。

95年にsierra社から発売された『shivers』の日本語移植版になります。


続きを読む⇒シバース ~呪われた博物館~

PINK GEAR (ピンク ギア)




『PINK GEAR(ピンク ギア)』は1997年に、
WIN&MACのハイブリッドCDとして、東芝EMIから発売されました。

MYST系ADVというと海外からの輸入物ばっかりなのですが、
珍しく国産のゲームです。


続きを読む⇒PINK GEAR (ピンク ギア)

MYST URU(ミスト ウル)




『ミスト ウル』は2005年にWIN用として、
livedoor GAMESから発売されました。

オリジナルは2003年に発売された『Uru:Ages Beyond Myst』で、
本作はそれの日本語移植版になりますね。


続きを読む⇒MYST URU(ミスト ウル)

MYST3 EXILE




『MYST3 EXILE』は2001年にWIN用として、
エレクトロニックアーツから発売されました。

ADV史に燦然と輝くMYSTシリーズの第三弾、それがこの「EXILE」でした。
もっとも、シリーズ第3弾とは言いつつも、
本作からは制作者が代わっています。


続きを読む⇒MYST3 EXILE

アトランティス2




『アトランティス2』は2000年にWIN用として、
セガから発売されました。

高い話題性で世界中でヒットしたシリーズの第2弾になります。


続きを読む⇒アトランティス2

Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室