ADV no.3465.3464.3460.3458.3455.3451.3449.3445.3443.3440.3439.3431.3424.3423.3422.3421.3420.3419.3418.3417

アダルトゲーム ベスト10 2005年・2006年 (番外編)




アダルトゲーム ベスト10 2005年・2006年 (番外編)

2005年及び2006年のアダルトゲームについて、
惜しくも圏外となったけれど、知っておいてもらいたい、
特徴のある作品などを挙げておきます。


続きを読む⇒アダルトゲーム ベスト10 2005年・2006年 (番外編)

『未来ラジオと人工鳩』




『未来ラジオと人工鳩』は2018年にWIN用として、
Laplacianから発売されました。

序盤は面白かったし、義妹は可愛かったのですが、
それだけに残念でしたね。


続きを読む⇒『未来ラジオと人工鳩』

『みにくいモジカの子』




『みにくいモジカの子』は、2018年にWIN用として、
NitroPlusから発売されました。

作品作りとしては、今回は成長していましたね。


続きを読む⇒『みにくいモジカの子』

『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』




『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』は、
2018年にWIN用として、Qruppoから発売されました。

予想外に、読ませる作品であり、
また、読んでいて楽しい作品でした。


続きを読む⇒『抜きゲーみたいな島に住んでる貧乳はどうすりゃいいですか?』

『Erewhon』




『Erewhon』は2018年にWIN用として、
CLOCKUPから発売されました。

ジェントル佐々木さんの描く一枚絵が、
魅力的な作品でしたね。


続きを読む⇒『Erewhon』

『シャムロックの花言葉』




『シャムロックの花言葉』は2018年にWIN用として、
DOLCEから発売されました。

ブランド前作に続くダーク系の作品であり、
今の男性向けエロゲとしては珍しいタイプの作品でしたね。


続きを読む⇒『シャムロックの花言葉』

『Summer Pockets』




『Summer Pockets』は2018年にWIN用として、
Keyから発売されました。

11年ぶりに、Keyらしい作品が帰ってきましたね。


続きを読む⇒『Summer Pockets』

『催眠学園1年生』




『催眠学園1年生』は2018年にWIN用として、
筆柿そふとから発売されました。

シリーズ3作目の完結編になります。


続きを読む⇒『催眠学園1年生』

『なつこい!』




『なつこい!』は2018年にWIN用として、
WendyBellから発売されました。

雰囲気は良さげな作品でしたね。


続きを読む⇒『なつこい!』

『神待ちサナちゃん』




『神待ちサナちゃん』は、2018年にWIN用として、
Frillから発売されました。

エロとキャラ、ストーリー性を両立させつつ、
演出にも優れた作品でしたね。


続きを読む⇒『神待ちサナちゃん』

『ネノトリ』




『ネノトリ』は2016年にWIN用として、
逆流ソフトから発売されました。

影絵アニメーションで話題になった寝取られものの、
第2弾になります。


続きを読む⇒『ネノトリ』

『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』




『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』は、
2018年にWIN用として、
ALICE IN DISSONANCEから発売されました。

これこそが次世代の紙芝居といった感じの、
良質な作品でしたね。


続きを読む⇒『マクナ=グラムラとフェアリー・ベル』

『僕に抱かれ喘ぐ妻は、他の男に抱かれた話を紡ぐ』




『僕に抱かれ喘ぐ妻は、他の男に抱かれた話を紡ぐ』は、
2018年にWIN用として、ANIM.teamMMから発売されました。

良質な寝取らせ(NTS)ゲーでしたね。


続きを読む⇒『僕に抱かれ喘ぐ妻は、他の男に抱かれた話を紡ぐ』

『メルヘンパラダイス』




『メルヘンパラダイス』は1990年にPC88用として、
グレイトから発売されました。

童話をモチーフにした作品でしたね。


続きを読む⇒『メルヘンパラダイス』

『消えた世界と月と少女』




『消えた世界と月と少女』は2018年にWIN用として、
ひよこソフトから発売されました。

エロゲ市場の今後という意味で、
期待した作品ではあったんですけどね・・・


続きを読む⇒『消えた世界と月と少女』

『ZAPPINK』




『ZAPPINK』は1993年にMAC用として、
KUKIから発売されました。

タイトルからも想像できるように、
ザッピングを扱った作品でしたね。


続きを読む⇒『ZAPPINK』

『空と海が、ふれあう彼方』




『空と海が、ふれあう彼方』は、2018年にWIN用として、
PULLTOPから発売されました。

一般向けで出すことに疑問はありつつも、
一枚絵や演出、全体の雰囲気が良い作品でした。


続きを読む⇒『空と海が、ふれあう彼方』

『少女グラフィティ』




『少女グラフィティ』は2018年にWIN用として、
pure moreから発売されました。

今作もまた、CGの質は高かったですね。


続きを読む⇒『少女グラフィティ』

『催眠学園3年生』




『催眠学園3年生』は2017年にWIN用として、
筆柿ソフトから発売されました。

王道ながらにも、年上キャラが良い感じでした。


続きを読む⇒『催眠学園3年生』

『学園催眠隷奴 ~さっきまで、大嫌いだったはずなのに~』




『学園催眠隷奴 ~さっきまで、大嫌いだったはずなのに~』は、
2008年にWIN用として、シルキーズから発売されました。

無難な内容の催眠ものですね。


続きを読む⇒『学園催眠隷奴 ~さっきまで、大嫌いだったはずなのに~』

捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3