ADV no.3529.3527.3526.3525.3523.3522.3521.3520.3519.3518.3516.3515.3514.3513.3512.3511.3510.3509.3508.3507

ストーリー等が優れた近年のADV その1




久しぶりの投稿です。
私はADVにおいて、ストーリー等だけで判断しようとするのは、
ハッキリ言ってナンセンスだと思っています。
とはいえ、ストーリー等が大きな比重を占めるのは確かだし、
そこに需要があるのならば、
個人的にこれはやってみてほしいと思う作品を、
いくつか挙げていきたいと思います。


続きを読む⇒ストーリー等が優れた近年のADV その1

『EVE rebirth terror』




『EVE rebirth terror』は2019年にPS4用及びPS Vita用として、
El Diaから発売されました。

今になって続編が出るとは、本当にびっくりでしたね。
オリジナルから数えると約24年ぶりとなる本作は、
ファンの納得のいく作品となっていました。


続きを読む⇒『EVE rebirth terror』

『さまぁ☆ソルト』




『さまぁ☆ソルト』は2019年にWIN用として、
VENUSから発売されました。

昨年から少しずつ公開されており、
同サークルの大型企画として、
少なからず期待していた作品でした。


続きを読む⇒『さまぁ☆ソルト』

『淫靡蕩少女 -寄り添いし可憐なる従者-』




『淫靡蕩少女 -寄り添いし可憐なる従者-』は、
2015年にWIN用として、Waffleから発売されました。

シリーズ第1弾。
小粒な作品ながらも、ストーリーの良く出来た作品でした。


続きを読む⇒『淫靡蕩少女 -寄り添いし可憐なる従者-』

『2人きりの世界を願ったら。 -Remember second-』




『2人きりの世界を願ったら。 -Remember second-』は、
2018年にWIN用として、
アトリエさくら Team.NTRから発売されました。

『Remember』の「対」となる後継作品であり、
同年最高峰のシナリオゲーでしたね。


続きを読む⇒『2人きりの世界を願ったら。 -Remember second-』

『和香様の座する世界』




『和香様の座する世界』は2019年にWIN用として、
みなとカーニバルから発売されました。

企画:タカヒロ、シナリオ:田中ロミオということで、
注目を浴びた作品でした。


続きを読む⇒『和香様の座する世界』

『クダンノフォークロア』




『クダンノフォークロア』は2019年にWIN用として、
SukeraSparoから発売されました。

ミステリー+都市伝説+百合が上手く組み合わさった、
バランスの良い作品でしたね。


続きを読む⇒『クダンノフォークロア』

『Pieces/渡り鳥のソムニウム』




『Pieces/渡り鳥のソムニウム』は2019年にWIN用として、
Whirlpoolから発売されました。

シナリオが和泉万夜さんということで注目した作品です。
ひと昔前のシナリオゲーが好きな人向けでしょうね。


続きを読む⇒『Pieces/渡り鳥のソムニウム』

『リアライブ』




『リアライブ』は2019年にWIN用として、
Purple softwareから発売されました。

同ブランドで、なかひろ氏がシナリオとなると、
初恋サクラメント以来となるのでしょうか。


続きを読む⇒『リアライブ』

『ALPHA-NIGHTHAWK』




『ALPHA-NIGHTHAWK』は2019年にWIN用として、
Liar-softから発売されました。

七星電灯さんが企画・原画・シナリオを手掛けており、
久しぶりにライアーらしさを感じさせる、良い作品でしたね。


続きを読む⇒『ALPHA-NIGHTHAWK』

『さくら、もゆ。 -as the Night's, Reincarnation-』




『さくら、もゆ。 -as the Night's, Reincarnation-』は、
2019年にWIN用として、FAVORITEから発売されました。

FAVORITEの新作ということでプレイした作品ですね。


続きを読む⇒『さくら、もゆ。 -as the Night's, Reincarnation-』

『青い空のカミュ』




『青い空のカミュ』は2019年にWIN用として、
KAIから発売されました。

背景に青空のあるCGが凄く魅力的で、
それで興味を持った作品でした。


続きを読む⇒『青い空のカミュ』

『Canvas ~セピア色のモチーフ~』




『Canvas ~セピア色のモチーフ~』は、
2000年にWIN用として、カクテルソフトから発売されました。

グラフィックの全体的な雰囲気が良い作品でしたね。


続きを読む⇒『Canvas ~セピア色のモチーフ~』

『続・黒髪巨乳委員長と草汰くんのなつやすみ』




『続・黒髪巨乳委員長と草汰くんのなつやすみ』は、
2018年にWIN用として、4Hから発売されました。

シリーズの2作目になります。


続きを読む⇒『続・黒髪巨乳委員長と草汰くんのなつやすみ』

『アオナツライン』




『アオナツライン』は2019年にWIN用として、
戯画から発売されました。

キャラデザに惹かれた作品であり、
まさに青春ゲーという内容でしたね。


続きを読む⇒『アオナツライン』

『イイナリ妻色 ~止まらない腰使い~』




『イイナリ妻色 ~止まらない腰使い~』は、
2019年にWIN用として、INTERHEARTから発売されました。

人妻10人による、オムニバス作品になります。


続きを読む⇒『イイナリ妻色 ~止まらない腰使い~』

『シロナガス島への帰還』




『シロナガス島への帰還』は2018年にWIN用として、
旅の道から発売されました。

昔懐かしのミステリーアドベンチャーって感じでしたね。


続きを読む⇒『シロナガス島への帰還』

『チャットしようよ!』




『チャットしようよ!』は、2000年にWIN用として、
BLACK PACKAGEから発売されました。

この時期に増えていたチャットを利用した、
いわゆるナンパゲーになります。


続きを読む⇒『チャットしようよ!』

『ソーサレス*アライヴ! ~the World's End Fallen Star~』




『ソーサレス*アライヴ! ~the World's End Fallen Star~』は、
2019年にWIN用として、Fluoriteから発売されました。

良くも悪くも、なろう系っぽい雰囲気の作品であり、
それで印象も変わりうる作品でしょうね。


続きを読む⇒『ソーサレス*アライヴ! ~the World's End Fallen Star~』

『想い出の彼方』




『想い出の彼方』は2000年にWIN用として、
PL+USから発売されました。

結果的に、ブランドの代表作となった作品ですね。


続きを読む⇒『想い出の彼方』

缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア