メガCD no.1151.1109.1337.1295.1903.1763.847.327

うる星やつら ~ディア マイ フレンズ~




『うる星やつら ~ディア マイ フレンズ~』は、
1994年にメガCD用としてゲームアーツから発売されました。

原作付きと侮ることなかれ。
ゲーム機のポイント&クリック式ADVの中の代表作と言える作品でしょう。


続きを読む⇒うる星やつら ~ディア マイ フレンズ~

ナイトトラップ




『ナイトトラップ』は、1992年に海外で発売された後、
1993年に国内でメガCD用として発売されました。

インタラクティブムービーの先駆けであり、
同時にザッピングゲームの代表的作品としての意義を持った作品でした。


続きを読む⇒ナイトトラップ

ゆみみみっくす




『ゆみみみっくす』は1993年にメガCD用として、
ゲームアーツから発売されました。

竹本泉さんの魅力が一杯籠められた作品でしたね。


続きを読む⇒ゆみみみっくす

ノスタルジア1907




『ノスタルジア1907』は1991年に、
シュールドウェーブから発売された推理物のADVです。

X6800、メガCD、PC-98で発売され、翌年にはTOWNS版が発売されました。


続きを読む⇒ノスタルジア1907

『プライズファイター』




『プライズファイター』は1995年にメガCD用として、
セガから発売されました。

メガCDが得意としたバーチャルシネマの1つであり、
実写ムービーによるボクシングゲームでした。


続きを読む⇒『プライズファイター』

『SWITCH (スイッチ)』




『SWITCH』(スイッチ)は1993年にメガCD用として、
セガから発売されました。

珍作というか迷作というか奇ゲーというか、
とりあえず当時の変な作品の代表格の一つでした。


続きを読む⇒『SWITCH (スイッチ)』

ダブルスイッチ




『ダブルスイッチ』は1995年にメガCD用として、
セガから発売されました。

ダブルスイッチ…ぉお~あのスイッチの続編か~と勘違いした人は、
たぶん私だけではないはず。
いや、むしろほとんどの人が思ったのでは?


続きを読む⇒ダブルスイッチ

夢見館の物語




『夢見館の物語』は1993年にメガCD用として、
セガから発売されました。

いわゆる館物のADVで、
3Dで表示された館内を自由に探索していく作品でした。


続きを読む⇒夢見館の物語

缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア