ノベル系 no.3424.3422.3420.3419.3418.3417.3416.3413.3412.3411.3410.3409.3408.3407.3405.3404.3403.3402.3399.3398

『僕に抱かれ喘ぐ妻は、他の男に抱かれた話を紡ぐ』




『僕に抱かれ喘ぐ妻は、他の男に抱かれた話を紡ぐ』は、
2018年にWIN用として、ANIM.teamMMから発売されました。

良質な寝取らせ(NTS)ゲーでしたね。


続きを読む⇒『僕に抱かれ喘ぐ妻は、他の男に抱かれた話を紡ぐ』

『消えた世界と月と少女』




『消えた世界と月と少女』は2018年にWIN用として、
ひよこソフトから発売されました。

エロゲ市場の今後という意味で、
期待した作品ではあったんですけどね・・・


続きを読む⇒『消えた世界と月と少女』

『空と海が、ふれあう彼方』




『空と海が、ふれあう彼方』は、2018年にWIN用として、
PULLTOPから発売されました。

一般向けで出すことに疑問はありつつも、
一枚絵や演出、全体の雰囲気が良い作品でした。


続きを読む⇒『空と海が、ふれあう彼方』

『少女グラフィティ』




『少女グラフィティ』は2018年にWIN用として、
pure moreから発売されました。

今作もまた、CGの質は高かったですね。


続きを読む⇒『少女グラフィティ』

『催眠学園3年生』




『催眠学園3年生』は2017年にWIN用として、
筆柿ソフトから発売されました。

王道ながらにも、年上キャラが良い感じでした。


続きを読む⇒『催眠学園3年生』

『学園催眠隷奴 ~さっきまで、大嫌いだったはずなのに~』




『学園催眠隷奴 ~さっきまで、大嫌いだったはずなのに~』は、
2008年にWIN用として、シルキーズから発売されました。

無難な内容の催眠ものですね。


続きを読む⇒『学園催眠隷奴 ~さっきまで、大嫌いだったはずなのに~』

『雪子の国』




『雪子の国』は2017年にWIN用として、
スタジオ・おま~じゅから発売されました。

雰囲気の良い作品でしたね。


続きを読む⇒『雪子の国』

『フィットしちゃお! ~年上女性と汗だくレッスン初体験~』




『フィットしちゃお!
~年上女性と汗だくレッスン初体験~』は、
2017年にWIN用として、WendyBellから発売されました。

大人の女性は良いものですね。


続きを読む⇒『フィットしちゃお! ~年上女性と汗だくレッスン初体験~』

『どうして、そんなに黒い髪が好きなの?』




『どうして、そんなに黒い髪が好きなの?』は、
2014年にWIN用として、
ファイヤワークスから発売されました。

良い部分はるものの、いろいろもったいない作品でしたね。


続きを読む⇒『どうして、そんなに黒い髪が好きなの?』

『こうかん☆にっき』




『こうかん☆にっき』は2004年にWIN用として、
The Dungeon In Yarnから発売されました。

『trade▼off』を作ったサークルの、
デビュー作品になります。


続きを読む⇒『こうかん☆にっき』

『見上げてごらん、夜空の星を』




『見上げてごらん、夜空の星を』は2015年にWIN用として、
PULLTOPから発売されました。

天文部を題材にした本作も、
演出の良さが際立っていましたね。


続きを読む⇒『見上げてごらん、夜空の星を』

『晴れのちときどき胸さわぎ』




『晴れのちときどき胸さわぎ』は1997年にWIN用として、
カクテルソフトから発売されました。

晴れのちシリーズの3作目にして最後の作品であり、
唯一のWIN用になります。


続きを読む⇒『晴れのちときどき胸さわぎ』

『純情化憐フリークス!』




『純情化憐フリークス!』は2017年にWIN用として、
Wonder Foolから発売されました。

OP曲が、とても良かったですね。


続きを読む⇒『純情化憐フリークス!』

『BackStage』




『BackStage』は2008年にWIN用として、
TJRから発売されました。

題材的には面白そうだったのですが・・・


続きを読む⇒『BackStage』

『きっと、澄みわたる朝色よりも、』




『きっと、澄みわたる朝色よりも、』は、
2009年にWIN用として、propellerから発売されました。

絵や音や雰囲気は良い作品でしたね。


続きを読む⇒『きっと、澄みわたる朝色よりも、』

『花散峪山人考』




『花散峪山人考』は、2011年にWIN用として、
raiL-softから発売されました。

ある意味、ライターである希さんの魅力が、
存分に発揮された作品なのかもしれませんね。


続きを読む⇒『花散峪山人考』

『ツンえむ! ~ぎゅっと縛って指導して~』




『ツンえむ! ~ぎゅっと縛って指導して~』は、
2017年にWIN用として、
アンモライトから発売されました。

一河のあさんの描くキャラは良いですね。


続きを読む⇒『ツンえむ! ~ぎゅっと縛って指導して~』

『終末少女幻想アリスマチック』




『終末少女幻想アリスマチック』は、
2006年にWIN用として、
キャラメルBOXから発売されました。

まぁ、向き不向きがあるということでしょうか。


続きを読む⇒『終末少女幻想アリスマチック』

『MOON CHILDe』




『MOON CHILDe』は2005年にWIN用として、
SIESTAから発売されました。

久弥さんが復帰ということで話題になった作品ですね。


続きを読む⇒『MOON CHILDe』

『恋と、ギターと、青い空。』




『恋と、ギターと、青い空。』は、2015年にWIN用として、
Cosmillicaから発売されました。

レズとロードムービーが融合し、他にはない魅力を伴った、
異色のノベルゲームでしたね。


続きを読む⇒『恋と、ギターと、青い空。』

消えた世界と月と少女   少女グラフィティ    少女と年の差、ふたまわり。